他社と比較!

ワイモバイル VS UQ 徹底比較!別格の2社は意外と違う

ワイモバイルUQモバイル徹底比較

【重要1】

Y!mobile
10月からの新プラン発表!

  • 基本料金値下げ
  • 2年縛り、違約金の廃止
  • 端末販売価格の見直し

ただし「ワンキュッパ割」「SIM単体契約特別割引」「端末割引」「5のつく日PayPayキャンペーン」などが廃止決定!

事実上の大幅値上げです

9月中に現行プランでの契約を
強くオススメします!

【Y!新プランを徹底解説!】
で詳しく解説!

\オトクな現行プランは9月まで!/特別割引でSIMのみ契約
Y!mobile公式ストア

Y!mobile公式ストア
(Yahoo! JAPAN運営)

【9月最新 Y!キャンペーン情報】

【重要2】
<iPhone、Android契約>

法改正前、最後のチャンス!
「5のつく日」PayPayキャンペーンは
9月25日が最終回!

iPhone 7、6s、P30 liteなど
対象機種を契約すれば
最大15,555円分のPayPay!

Y!mobile最強のキャンペーンです

対象は他社からのMNPで
Yahoo! JAPAN IDを持っている方

10月以降、スマホ端末は大幅に高くなります

<例:Andorid One S5>

  • 現行プラン 2年で68,420円
  • 新プラン  2年で89,575円

9月中なら現行プランで2万円以上オトク、「5のつく日PayPayキャンペーン」でさらに差額は広がります。

詳しい内容は
【5のつく日、PayPayもらえる!】
で解説!

\PayPay最大15,555円!/
Y!mobile 公式ストア
(Yahoo! JAPAN運営)

※9月22日現在、iPhoneSE、P20 liteが在庫切れとなってしまっています。他機種も25日までに在庫切れになる可能性があります。

5のつく日以外の契約でも5,555円分少なくなりますがPayPayがもらえます。
確実に手に入れたいという方は、21日からの三連休に決断することをオススメします。

【重要3】
<SIMのみの契約>

法改正前最後の追い込み!

「SIM単体契約特別割引」に
10,000円の上乗せ実施中!

合算するとプランSで19,600円
プランM/Lで24,400円の割引

正真正銘、“史上最高の割引”です

Y!mobileのSIM契約は10月に入ると
大幅に高くなります

<SIMのみ契約、データ3GB>

  • 現行プラン 2年で39,920円
  • 新プラン  2年で60,120円

差額は実に2万円以上

予算を消化次第、早期終了も!
検討中の方は早めの決断を!

詳しい内容は
【SIMのみ契約で史上最高割引!】
で徹底解説!

\オトクな現行プランは9月まで!/史上最高の割引!
SIMのみ契約はこちら

MNP予約番号取得はこちら

******************

トラキさん
トラキさん
ワイモバイルとUQってどっちも人気なんだよね?
実際どっちがいいのかな
コテツくん
コテツくん
どっちでも大丈夫ですよ!

ぼくがオススメできる格安スマホって実はY!mobileとUQの2社だけなんです。

ただ違いは結構あるので、事前に知っておくと後悔しないと思いますよ

この記事では格安SIM(MVNO)でも人気の高いUQモバイルとワイモバイルを比較してみます。

格安SIM(MVNO)は900を超える事業者が乱立していますが、当サイトはこの2社以外は検討する必要がないと考えています。

大きな理由は、昼夕の通信速度の安定性、大手キャリアグループの信頼性。

総合的なコストパフォーマンスから、この2社は別格といって差し支えありません。

では、2社のうちどちらが良いのかという問題ですが、ネットで調べていると「どちらも似たようなもの」と結論づける情報サイトがほとんど。

ですが、実際にはかなりの違いがあります。
その違いを把握した上で、2社のうちから好みで選べば大丈夫です。

当サイトはY!mobileの解説サイトですが、できるだけ公平な視点で比べてみました。

メインスマホとして使う場合、2年総額では若干Y!mobileが安くなります。

また、Y!mobileはPayPayでの異次元の優遇があるため、スマホ代だけでなく家計の変動費も大幅に節約できます。

「Y!mobileって良さそうだけど・・」と迷うあなたに、ワイモバイルの知りたい情報をわかりやすくお届けします。

コテツくん
コテツくん
当サイトではできるだけ分かりやすくするために2年総額計算などを一部単純化しています。

そのため実際の金額とは若干の差額が生じる場合があります。

金額は原則税抜きです。

\オトクな現行プランは9月まで!/Y!mobileオンラインストア
SIM契約特別割引はこちら

UQモバイル オンラインストア
キャッシュバックはこちら

Contents

Y!とUQは別格 他社は検討する必要はなし

格安SIM(MVNO)は数え切れないほどのブランドがありますが、Y!mobileとUQだけが別格です。

当サイトはそのほかのブランドは検討する必要がないと考えています。

そう言い切れる最大の要因はこの2社が大手キャリアのサブブランドであると言う点。

Y!mobileはソフトバンクグループ。UQはKDDI傘下、auのサブブランドです。

根本的な立ち位置が違うため、ほか格安SIM(MVNO)とは埋めることのできない差が歴然と存在しています。

トラキさん
トラキさん
言い切るねー(笑)
コテツくん
コテツくん
この二択でいいんです(笑)

詳しくはこの記事のなかで解説していきます!

項目別比較

13項目にわたって、UQモバイルとY!mobileを比べていきます

比較の一覧はこちら。

UQモバイル Y!mobile
1.月額料金 ◎かけ放題コミなら最安レベル ◎かけ放題コミなら最安レベル
2.通信速度 ◎昼夕も大手並みの高速通信 ◎昼夕も大手並みの高速通信
3.契約期間の縛り △2年縛り △2年縛り
4.通信回線の選択幅 △au回線のみ △SoftBank回線のみ
5.SIMロック解除 △一部のau端末以外は必要 ×必ず必要
6.音声通話 ◎無料通話が2つのプランから選択できる 完全かけ放題は無し ◎1回10分のかけ放題がコミコミ 完全かけ放題もあり
7.留守番電話 △月額380円 ○月額無料
8.データ容量の使い勝手 ◎繰り越しや速度切替などあり ×繰り越しやシェアはない
9.家族割引・複数割引 ◎500円/回線と割引額が大
1回線目は対象外
◎500円/回線と割引額が大
1回線目は対象外
10.光セット割引 △WiMAXとのセット割引あり ◎おうちセット割で1回線当たり1,000~500円をずっと割引
11.サポート ◎取扱店舗が全国2,700以上 ◎取扱店舗が全国4,000以上
12.9月のキャンペーン ◎高額キャッシュバックあり ◎5周年キャンペーン!
13.キャッシュレス決済 △auペイでの優遇はなし ◎PayPayで異次元の優遇

それぞれの項目ごとに、解説していきます!

トラキさん
トラキさん
ちょ、コテツくん気合い入りすぎだよ

記事のボリューム感が(苦笑)

コテツくん
コテツくん
スミマセン(苦笑)

どっちにしようか迷ってる方にこの記事で決着をつけてもらおうと思いまして(笑)

長くなってるので、気になるところだけ読んでくださいね。

1.月額料金 2年総額でみるといい勝負

それぞれの月額料金を比較してみます。

  • 今のスマホをそのまま使うSIMカードのみ契約
  • メインスマホとして音声通話も使う

の場合として考えます。

ここでは9月中の契約を前提に解説します。

2社とも法改正を目前に過去最高レベルのキャンペーンを実施中です。

9月末にそれらのキャンペーンがほぼ全て終了、代わりになるようなキャンペーンは当面予定されていません。

10月に入ると大幅に割高になります。

Y!mobileでもUQでも、当サイトは9月中に契約することを強くオススメします。

コテツくん
コテツくん
端末セット契約の場合も、SIMのみの場合と傾向は変わりません。

Androidは取り扱い機種に違いがあるので、そこも好みです

UQモバイルの典型的な料金

UQモバイルの主力プランは「おしゃべりプランS/M/L」と「ぴったりプランS/M/L」の2種類です。

おしゃべりプランとぴったりプランの違いは無料通話の形式です

  • おしゃべりプラン
    1回5分以内の国内通話がかけ放題(S/M/L共通)
  • ぴったりプラン
    Sで60分、Mで120分、Lで180分の無料通話

短い通話を何回もかける人は「おしゃべりプラン」、回数は少ないけど、長めの通話になることが多い人は「ぴったりプラン」がおすすめになります。

どちらのプランも料金は共通で、通信データの容量次第。

契約時に入るのが当たり前になっている3つの割引を反映させます。

おしゃべり/ぴったり 月額
S(3GB) 1年目 1,980円
2年目 2,980円
M(9GB) 1年目 2,980円
2年目 3,980円
L(21GB) 1年目 4,980円
2年目 5,980円
  • イチキュッパ割(1年目のみ、毎月1,000円割引)
  • データ増量オプション(2年間データ容量を増量)
  • スマトク割(毎月1,000円割引、事実上無期限)

これがUQモバイルのもっともよくある典型的な料金になります。

おしゃべりプランもぴったりプランも同額で通話料金はコミコミ。2年目から1,000円上がるのはイチキュッパ割が13カ月で終了するからです。

スマトク割は2年間で終了しますが、3年目以降は長期利用割引と名前を変えて継続されます。

トラキさん
トラキさん
カタログどおりだね
コテツくん
コテツくん
そうですね!
イチキュッパ割は本当は13カ月間ですが、ややこしくなるのでここでは1年間としています。

次はワイモバイルです

Y!mobileの典型的な料金

ワイモバイルの主力プランは「スマホプランS/M/L」
データ容量と1回10分の国内通話かけ放題がコミコミになっています。

通話料金別のプランはありません。

現実に払う金額を明確にするため、契約時に入るのが当たり前になっている3つの割引を反映させておきます。

スマホプラン 月額
S(3GB) 1年目 1,580円
2年目 2,580円
M(9GB) 1年目 2,380円
2年目 3,380円
L(21GB) 1年目 4,380円
2年目 5,380円
  • ワンキュッパ割(1年目のみ、毎月1,000円割引)
  • データ増量無料キャンペーン(2年間データ容量を増量)
  • SIM単体契約特別割引(Sで400円、M/Lで600円を2年間割引)

これがY!mobileのもっともよくある典型的な料金になります。

1回10分の無料通話がコミコミの価格になっています。
2年目から1,000円高くなるのは、ワンキュッパ割が1年目で終了するからです。

2社の月額料金を比較

2社の月額を比較してみます

UQ Y!
S
3GB

1年目 1,980円 1,580円
2年目 2,980円 2,580円
M
9GB

2年目 2,980円 2,380円
2年目 3,980円 3,380円
L
21GB

1年目 4,980円 4,380円
2年目 5,980円 5,380円

どの容量でもY!mobileの方が安くなります。

トラキさん
トラキさん
え!?こんなに違うの?

こんなの揃えとくもんじゃないの?

コテツくん
コテツくん
イメージって怖いですよね。

割引適用前の標準価格がUQの方が実は1,000円高いのと、

Y!mobileの「SIM単体契約特別割引」という割引の効果がこの差の要因です。

トラキさん
トラキさん
さすがにこんなに差があるんじゃY!mobileが良さげに見えるよね。
コテツくん
コテツくん
そう思っちゃいますよね。

でもUQには高額のキャッシュバックがあるんです。

それを合算した2年総額だとけっこういい勝負になるんですよ

UQモバイルとY!mobileの2年総額を比較

2社の2年総額を比較します。

両社ともに、この9月末までで終わる最強のキャンペーンを反映させておきます。

UQモバイルには当サイトを含む一部の情報サイト限定のキャッシュバックが存在します。

  • プランS−10,000円
  • プランM−11,000円
  • プランLー13,000円

Y!mobileは9月末までSIM単体契約特別割引に10,000円が上乗せされています。

両社にそれぞれのキャンペーンを適用した状態で、UQモバイルとY!mobileの2年総額を比べてみます。

UQmobile Y!mobile
S(3GB) 49,520円 39,920円
M(9GB) 72,520円 59,120円
L(21GB) 118,520円 107,120円

やはり大きな差をつけてY!mobileの方が安いとわかります。

トラキさん
トラキさん
うわー結構な差だね
コテツくん
コテツくん
正直大きいですよね。

でもこれでもなお、UQが好みだと言うならそれはそれでいいんだと思うんです。

毎日使うものですし、気に入ったブランドであることは大事かなと。

\オトクな現行プランは9月まで!/Y!mobileオンラインストア
SIM契約特別割引はこちら

UQモバイル オンラインストア
キャッシュバックはこちら

2.通信速度 どっちも大手並み

格安SIM(MVNO)を使う上でいちばん気になるのが、通信速度ではないでしょうか。

「お昼休みと夕方に極端に遅くなる」というのがほとんどすべての格安SIM(MVNO)の弱点です。

「お昼や夕方にはちょっと遅くなるけどLINEやSNSをみるぐらいなら大丈夫!」という口コミをよく見かけますが、

その“ちょっと遅くなる”が日常になると大きなストレスを抱えることになります。

下記のグラフは直近24時間の両社の通信速度グラフです。

参考にmineoのグラフも表示しておきます。

Y!とUQは常時高速、大手3キャリアと同じレベルを常時維持しています。

対して参考として掲載したmineoはかなり厳しい結果となっています。

注目は12:00と18:00。

Y!やUQは悠々と使えますがmineoは大きく落ち込んでいてギリギリのレベル。

mineoに限らず、UQとY!を除くほぼ全ての格安SIM(MVNO)で同様の傾向になります。

もはやスマホはライフラインの一部です。
仕事や生活をする上で、ネットが遅いなどと言ってられない場面は必ずあります。

この昼夕の通信速度の安定性こそが、当サイトがY!とUQの2社以外は検討しなくていいと考える最大の理由です。

コテツくん
コテツくん
両方とも大手グループだけあって、他の格安SIM(MVNO)と圧倒的な差があります。
トラキさん
トラキさん
ネット銀行とかチケット取ったりとかがお昼にできなくなるのは困るよ
コテツくん
コテツくん
特に株取引とかFX取引をしてる人や、これからチャレンジしたい人だと、かなり厳しいと思いますね
トラキさん
トラキさん
もうスマホってライフラインみたいなものだしね。

安定性、信頼性は最重要だと思うよ。

\オトクな現行プランは9月まで!/Y!mobileオンラインストア
SIM契約特別割引はこちら

UQモバイル オンラインストア
キャッシュバックはこちら

3.契約期間の縛り どっちも2年

UQ、Y!mobileともに2年縛り

契約期間の縛りに関してもUQ、Y!mobile、ともに大手並みです。

2年以内に解約すると9,500円の契約解除料が発生します。
自動更新されるという点も大手同様です。

トラキさん
トラキさん
ここは大手よりも短くしてくれても良かったのにね
コテツくん
コテツくん
もうじき違約金が1,000円になるって話なので、既存の契約にも適用されるように期待したいですね。

4.通信回線の選択幅 どっちも自社だけ

UQはau回線だけ

UQは同じKDDIグループのau回線しか使えません。

ワイモバイルはSoftBank回線だけ

Y!mobileはソフトバンクグループ直営なので、SoftBankの回線しか使えません。

トラキさん
トラキさん
どっちも、自分のグループだけってことね。
他社の回線を借りたとしても通信性能に大差はないもんな
コテツくん
コテツくん
余分なコストがかかるだけですもんね

5.SIMロック解除の要不要 どっちも原則必要

UQは一部のau端末以外はSIMロック解除が必要

UQモバイルはau回線を使うため、ドコモやSoftBankで買ったスマホ端末を使うにはSIMロック解除が必要です。

また、auで買ったスマホ端末でもそのままではUQでは使えない場合が多くあるので確認が必要です。

例えばiPhone7などはSIMロック解除が必要になります。

ワイモバイルはSIMロック解除が必ず必要

Y!mobileで今のスマホをそのまま使う場合は、必ずSIMロック解除が必要になります。
SoftBankで買ったスマホ端末であっても必須になります。

トラキさん
トラキさん
グループ会社のものならSIMロック解除しなくてもいいようになればいいのにね
コテツくん
コテツくん
ちょっと面倒ですよね。でもぼくは「どっちみちSIMロック解除はしておいた方がいいよ派」なんです。
スマホを中古で売ることになった場合、SIMロック解除済みの方が高くなるんですよ
トラキさん
トラキさん
なるほどね。ドコモ系の格安SIM(MVNO)でも使えるようになるし、その方が便利か

\オトクな現行プランは9月まで!/Y!mobile オンラインストア
SIM契約特別割引はこちら

UQモバイル オンラインストア
キャッシュバックはこちら

6.音声通話 好み次第でOK

UQはおしゃべりプランとぴったりプランで

UQモバイルをメインスマホとして使うなら、主力プランは「おしゃべりプランS/M/L」と「ぴったりプランS/M/L」になります。

おしゃべり/ぴったりの違いは無料通話の形式です

  • おしゃべりプラン
    1回5分以内の国内通話がかけ放題(S/M/L共通)
  • ぴったりプラン
    Sで60分、Mで120分、Lで180分の無料通話

短い通話を何回もかける人は「おしゃべりプラン」、
回数は少ないけど、長めの通話になることが多い人はぴったりプランがおすすめになります。
例えばぴったりプランMなら無料通話は120分ですが、5分の通話なら24回かけることが出来ます。

また、両プランは月毎に自由に変更が出来ます。

完全かけ放題のプランはありません。

Y!mobileは1回10分のかけ放題がコミコミ 完全かけ放題もあり

ワイモバイルでは主力のスマホプランの場合、1回10分の国内通話かけ放題がコミコミになっています。
また「スーパーだれとでも定額」というオプションで、月額1,000円を払えば他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、固定電話への国内通話が、何時間でも何回でも無料になります。

通話料金別のプランはありません。

コテツくん
コテツくん
ここは使い勝手に差がつく部分だと思います!

UQは自分の使いかたに合わせてオーダーメイドしたい人、Y!mobileは余計なことを気にせずシンプルに電話を使いたい人に向いてますかね

トラキさん
トラキさん
なるほどーこれは人によって使い勝手が分かれそうだ!

\オトクな現行プランは9月まで!/Y!mobileオンラインストア
SIM契約特別割引はこちら

UQモバイル オンラインストア
キャッシュバックはこちら

7.留守番電話 UQは有料、Y!は無料

UQでは留守番電話は月額380円

UQでは留守番電話は、月額380円の有料オプションとなっています。
三者通話サービス、迷惑電話撃退サービスとセットの電話基本パックとして提供されています。

スマホ端末の伝言メモ機能を留守番電話代わりに使うという手もあります。
この場合はもちろん料金はかかりません。

Y!mobileは留守番電話が無料

Y!mobileは留守番電話が申し込み不要、月額無料で使うことができます。

トラキさん
トラキさん
なんだかんだであると助かるんだよね、留守電。

知らない番号からかかってきた時、ちゃんとした相手なら留守電入れてくれて後から確認できたりするし。

コテツくん
コテツくん
ぼくの場合はあんまり問題にはならないですねー。

結局留守電聞かないことも多いですし(笑)

トラキさん
トラキさん
ここも好みか(笑)

8.データ容量の使い勝手 細かな調整はUQ優位

UQはデータ繰り越しや速度切替あり!

UQではデータ容量が余った場合は翌月まで繰り越すことができます。
また、高速通信と低速通信を切り替えることができ、低速通信にしておけばデータ消費がゼロの扱いになります。

残りデータ量に合わせて、細かな調整をすることが可能です。

家族とのグループシェアの仕組みはありません。

ワイモバイル タブレット用にデータSIMを発行できる

ワイモバイルにはデータの繰り越しや、家族とのグループシェアの仕組みはありません。

ただしUQにはない強みとして、「シェアプラン(子回線)」という仕組みがあり、タブレット用のデータSIMカードを安く発行することが出来ます。

データSIMカードをプランSなら+980円、Mなら490円、Lならなんと0円で追加発行できます。

しかも最大3枚まで追加可能で、何枚でも月額は変わりません

UQの場合は、データ通信の新規契約が必要になります。

トラキさん
トラキさん
普通にスマホ1台ならUQの方が細かく調整可能、タブレットを使いたいならY!mobileが有利なんだね
コテツくん
コテツくん
UQは細かく節約できる人なら、小さめのプランを選んで月額を節約できるかもしれませんね。

\オトクな現行プランは9月まで!/Y!mobileオンラインストア
SIM契約特別割引はこちら

UQモバイル オンラインストア
キャッシュバックはこちら

9.家族割引・複数回線割引 どっちも2回線目から500円

実はほとんどの格安SIM(MVNO)には家族割引がありません。
あったとしても1回線あたり50円と少額だったりします。

Y!とUQには2回線目以降に500円/月の家族割引があります。
2回線なら500円×1回線、3回線なら500円×2回線です。

メインとなる1回線目はどちらも割引対象になりません。

同じ人が2回線以上を使っている場合も割引が受けられます。

同じ住所の家族に限らず、離れて暮らす家族や名字が違う場合も大丈夫です。

UQ オンライン契約の場合は後で手続きが必要

UQの家族割引は、オンラインで契約する場合、別途申し込みが必要となります。
お客様センターへの電話で申し込みが出来ます。

ワイモバイル オンライン契約と同時に申し込み可能

ワイモバイルではオンライン契約と同時に、画面上で家族割引を申し込むことが出来ます。

トラキさん
トラキさん
なんでUQは契約と同時に申し込みできないんだろうね
コテツくん
コテツくん
電話一本の話ですけど、忘れないようにしないといけませんね。

10.光セット割引

UQはUQ WiMAXとのセット割り

UQは固定の光回線とのセット割引がなく、自宅がau光の場合でもauスマートバリューは適用外になります。

ただし、UQ WiMAXとのセット割が可能です。

ギガMAX月割という名前で、UQモバイルとUQ WiMAX、同一名義で契約した場合に「my UQmobile」からの申し込みで、1回線だけ300円/月が割引になります。

家族は対象になりません。

Y!mobileはSoftBank光/Airとのセット割が適用

SoftBank光/Airの場合は「おうち割光セット」が適用されます。

おうち割光セット プランS プランM プランL
割引額 -500円 -700円 -1,000円

この割引が家族の全Y!mobile回線にずっと適用されます。
Y!mobileの中でも最強の割引の一つです。

ただし、注意点が2つあります。

  1. 家族割引との併用はできない
  2. 光BBユニット、Wi-Fiマルチパックおよびホワイト光電話/ひかり電話(N) + BBフォン/BBフォンのいずれかへの加入が必要。セットで月額500円。

詳しくは【Y!mobileの光割引はSoftBank光/Airと】をご覧ください

コテツくん
コテツくん
Y!mobileは家族で2回線以上使ってる場合に、光割引の効果が発揮できます。
トラキさん
トラキさん
UQはau光とセット割引できないなんて意外だね

11.ユーザーサポート どっちも実店舗が多数

UQもY!mobileも実店舗は多く展開しています。
家電量販店内の取扱店舗などを含めると、街中のいたるところで2社のロゴを見かけます。

その他の格安SIM(MVNO)ではコストをカットするために、実店舗をほとんど展開していません。

いざというときの安心感はやはりサブブランドならではのものです。

ただし大手キャリアのショップと同じく、スタッフの対応はイマイチとの口コミもちらほら。
「万が一のときに駆けこむ場所」というぐらいの認識がいいかもしれません。

一方で、2社ともオンラインショップのチャットサポートはとても優秀です。
サポート担当者が迅速かつ的確に対応してくれます。

UQ 全国に2,700以上の取扱店舗

UQは実店舗を全国に約2,700ほど展開しています。
多くの家電量販店でも取扱窓口があります。

ワイモバイル 全国に4,000以上の取扱店舗

ワイモバイルは家電量販店などの取扱も含めると全国で4,000以上の実店舗が存在しています。

SoftBankショップとの併設店舗だけでも、全国で1,000を超えます。

実店舗だとキャッシュバックが適用されない

2社ともの注意点ですが、当サイトでご紹介しているキャッシュバックやキャンペーンのほとんどが実店舗での契約の場合は適用されません。

実店舗での契約が増えると、結局余計に人件費がかかってしまうため、できるだけオンラインで契約してもらえるように誘導しているのかもしれません。

また、Y!mobileの場合、実店舗独自のキャンペーンはほぼ行われていません。

オンラインでの契約で割引還元を受けることをおすすめします。

コテツくん
コテツくん
Y!mobileの【オンライン契約の手順】や、【初期設定の方法】は当サイトで詳しく解説しています。

\オトクな現行プランは9月まで!/Y!mobileオンラインストア
SIM契約特別割引はこちら

UQモバイル オンラインストア
キャッシュバックはこちら

12.9月の主なキャンペーン、キャッシュバック

2社とも法改正を目前に過去最高レベルのキャンペーンを実施中です。

9月末にほぼ全てのキャンペーンが終了、代わりになるようなキャンペーンは当面予定されていないため、10月になると大幅に割高になります。

Y!mobileもUQも、当サイトは9月中に契約することを強くオススメします。

UQ 限定最大13,000円キャッシュバック、iPhone7を大幅値下げ

UQは当サイトを含む一部の情報サイト限定のキャッシュバックを実施中です

  • プランSー10,000円
  • プランMー11,000円
  • プランLー13,000円

このキャッシュバックを使って申し込むのがUQの最安の契約方法となります。

また、iPhone7が8月9日から大幅値下げされました。Y!mobileのiPhone7と大差がついています。

くわしくは【サブブランド2社のiPhone7を比較!】をごらんください

ワイモバイル 強力な割引+5周年キャンペーンも!

SIM契約では「SIM単体契約特別割引」と「5のつく日」PayPayキャンペーンを一緒に利用するのが最安です。

「SIM単体契約特別割引」は今だけ10,000円上乗せ。
正真正銘、史上最高の割引となっています。

また、端末セット契約ならiPhone7が9月30日まで15,000円値下げされています。

iPhone6sが実質500円の底値です。
Y!mobileの6sは大手キャリアのXSやXRよりも売れていて、スマホ売り上げランキングの上位に入ってくるほど人気を集めています。

また、端末セット契約では最大15,555円分のPayPayがもらえるキャンペーンを実施中です。
iPhone6s、7もキャンペーン対象です。

くわしくは【Y!のキャンペーンキャッシュバック最新情報!】でキャンペーンのベストな併用方法も含めわかりやすく解説しています。

コテツくん
コテツくん
2社とも10月からの法改正前にどれだけMNPを呼び込むかで必死です。

様子見は必要ありません!10月になったら絶対に高くなります

トラキさん
トラキさん
UQもY!も、これじゃあ他格安SIM(MVNO)は勝負できないね
コテツくん
コテツくん
ほかの格安SIM会社から総務省に、サブブランドをなんとかしてくれって要望が出るくらいですからね。
トラキさん
トラキさん
この2社から選べば間違いないってことね。

\オトクな現行プランは9月まで!/Y!mobileオンラインストア
SIM契約特別割引はこちら

UQモバイル オンラインストア
キャッシュバックはこちら

13.キャッシュレス決済

QRコードを使ったキャッシュレス決済は、この10月以降、スマホキャリアを選ぶ上での大きなポイントになります。

キャッシュレス決済を日常の決済手段にすれば、家計の変動費を大きく節約できるからです

PayPayを筆頭に多くのキャッシュレス決済で大型還元キャンペーンが実施されていますが、10月の消費税10%増税の際には、キャッシュレス決済だけを対象にした還元事業が実施されることが決定しています。

現金払いは還元の対象になりません。

例えば、キャッシュレス決済なら20%還元なのに、現金払いだと還元額0といった状況がほぼ確実に生まれます。

キャッシュレス決済は国が主導して普及を進めています。

2020年東京五輪、2025年大阪万博を目指して、間違いなく“当たり前の支払い方法”になっていくはずです。

ワイモバイルはPayPayで超優遇

「キャッシュレス決済の主役」といった感のPayPayはソフトバンクグループが運営しています。

PayPay自体はどのキャリアのスマホでも使えますが、同じグループのY!mobileユーザーなら異次元の優遇を受けることができます。

10月からは対象店舗で10%還元を実施します。

PayPayはコンビニやドラッグストアならほぼ全ての大手チェーン店で導入済み。
スーパー業界にも猛烈な勢いで広がってきています。
【PayPay使えるお店・加盟店一覧】

Y!mobileユーザーになればスマホ代だけでなく、普通は削りにくい家計の変動費を大幅に節約できます。

【最新PayPayキャンペーン情報!】

UQ auPayでの優遇は特になし

auは19年4月からauPayをスタートしましたが、UQユーザーへの優遇は特にありません。

ただし、LINE PAYやメルペイなどのキャッシュレス決済は他者と同様に使うことができます。

コテツくん
コテツくん
正直、PayPayの戦略が上手すぎる印象です。

auがこのまま押し切られることはないと思うんですが、現状では大差がついてますね。

トラキさん
トラキさん
UQ、auPAYを期待したいな。

でもさ、メルペイとかLINE PAYでカバーすればいいんだよね?

コテツくん
コテツくん
それはその通りです(笑)

\オトクな現行プランは9月まで!/Y!mobileオンラインストア
SIM契約特別割引はこちら

UQモバイル オンラインストア
キャッシュバックはこちら

まとめ 安いのはY!mobile!細かいところまでこだわるならUQ!好みで決めてOK!

ワイモバイルUQモバイル徹底比較

以上、13項目の比較を終えました。
あらためて比較一覧表を確認します。

UQモバイル Y!mobile
1.月額料金 ◎かけ放題コミなら最安レベル ◎かけ放題コミなら最安レベル
2.通信速度 ◎昼夕も大手並みの高速通信 ◎昼夕も大手並みの高速通信
3.契約期間の縛り △2年縛り △2年縛り
4.通信回線の選択幅 △au回線のみ △SoftBank回線のみ
5.SIMロック解除 △一部のau端末以外は必要 ×必ず必要
6.音声通話 ◎無料通話が2つのプランから選択できる 完全かけ放題は無し ◎1回10分のかけ放題がコミコミ 完全かけ放題もあり
7.留守番電話 △月額380円 ○月額無料
8.データ容量の使い勝手 ◎繰り越しや速度切替などあり ×繰り越しやシェアはない
9.家族割引・複数割引 〇500円/回線と割引額が大
1回線目は対象外
〇500円/回線と割引額が大
1回線目は対象外
10.光セット割引 △WiMAXとのセット割引あり 〇おうちセット割で1回線当たり1,000~500円をずっと割引
11.サポート ◎取扱店舗が全国2,700以上 ◎取扱店舗が全国4,000以上
12.8月のキャンペーン ◎高額キャッシュバックあり ◎5周年キャンペーン!
13.キャッシュレス決済 △auペイでの優遇はなし ◎PayPayで異次元の優遇
トラキさん
トラキさん
ありがとうコテツくん。

もうお腹いっぱいだ(苦笑)

コテツくん
コテツくん
おつかれさまでした(笑)

とにかく、この2社なら心配ないですからね(笑)

トラキさん
トラキさん
他の格安SIM(MVNO)とは比較にならないということはよくわかったよ。

コテツくんはどっちがいいと思ってるの?

コテツくん
コテツくん
結局のところ、やっぱりY!mobileです!

当サイトはワイモバイルの情報サイトなので(笑)

Y!mobileとUQモバイル、格安SIM(MVNO)の中で明確に違いを見せているのはこの2社です。

当サイトとしては、PayPayも含めた全体の節約効果からY!mobileの勝ちと判定します。

このどちらかであれば心配なく使っていただけるはずですので、あとは好みで決めて大丈夫です。

10月以降、スマホは大幅に高くなります。

9月中にMNPしてしまうことを強くオススメします。

Y!mobileは「大手キャリアへの不満」と「格安SIM(MVNO)への不安」を解消する、今もっともベストな選択肢です。

当サイトではY!mobileへの具体的な乗り換え方法や、初期設定の仕方までしっかり解説しています。

また、当サイトでご案内しているもの以上にお得な公式キャッシュバックやキャンペーンは存在しないので安心してください。

少しだけその気になってY!mobileに乗り換えれば、大手キャリアでの余計な出費を終わりにできます。

当サイトはスマホ代を安くしたいあなたのお役に立てるように頑張ります!

\オトクな現行プランは9月まで!/Y!mobileオンラインストア
SIM契約特別割引はこちら

UQモバイル オンラインストア
キャッシュバックはこちら

キャンペーン情報アイキャッチ画像
【9月】ワイモバイルのキャンペーンキャッシュバック最新情報!【最新】【わかる解説9月22日更新】Y!mobileのキャンペーン・キャッシュバック最新情報です。新プランは事実上の値上げです!現行プランでの契約を強くオススメします!わかりやすく解説します。...
メリットデメリット完全版アイキャッチ
Y!mobileワイモバイルのメリット・デメリット完全版【わかる解説19年5月】ワイモバイルのメリット・デメリットを完全網羅。要点をわかりやすく解説しています。この記事を読めばMNPを決められます。...
Y!mobileへのMNP申し込み手順アイキャッチ
失敗しない!ワイモバイルへのMNPオンライン契約の手順【わかる解説19年9月】ワイモバイルのオンラインストアでの申し込みを詳しく解説。画像多めでこの記事を見ながら申し込めば安心です...