他社と比較!

ワイモバイル VS UQ 徹底比較!別格の2社は意外と違う【20年8月版】

ワイモバイルとUQの比較アイキャッチ画像

【 重要 】

明日、8月15日(土)は
“5ゾロの日”

PayPay特典が大幅増額される
ワイモバイル、ベストの申込日です!

< SIM契約/MNP >
“5ゾロの日”なら

14,000円分PayPay!

< iPhone/Android >
“5ゾロの日”なら
本体大幅割引
+8,555円分PayPay!

昨年秋のキャンペーン一新以来、
最高の条件で申し込み可能!

コレがベスト
決めてOKです

【ワイモバイルキャンペーン情報!】
で詳しく解説!

\14,000円分!PayPayもらえる!/
Y!mobile公式ストア
(Yahoo! JAPAN運営)

MNP手続きの流れは
【ワイモバイルにMNP!】
で詳しく解説!

******************

トラキさん
トラキさん
ワイモバイルとUQってどっちも人気なんだよね?
実際どっちがいいのかな
コテツくん
コテツくん
その2社は別格です。
どっちも自信をもってオススメできますよ!

ただ意外と違いがあるんです。

事前に知っておくと後悔しないと思いますよ

このページではUQモバイルとワイモバイルを比較します。

格安SIM(≒MVNO)は数多くありますが
当サイトはこの2社だけが別格だと考えています。

  • 大手キャリアのサブブランド
  • 昼夕の通信速度の安定性
  • 本当の意味でのコスパの良さ

この2社だけが大手と同等の
安心感、信頼感、使用感
を備えています。

UQは6月、ワイモバイルは7月から料金プランを改定。
2社ともに10GB以上のプランではデータ容量を使い切っても最大1Mbpsでの通信が可能に。

楽天参入による価格競争は、
大手3キャリアではなく
サブブランドのY!とUQが
主戦場となっています。

ではこのサブブランド2社のうち、
どちらが良いのかという話ですが、
ネットで調べても「どちらも似たようなもの」と結論づける情報サイトがほとんど。

ですが実際には、
無視できないほどの違いがあります。

決め手になるのは無料通話。
不要ならUQ、必要ならY!です。

当サイトはY!mobileの解説サイトです。
このページではあえて、ワイモバイルに肩入れする視点で比べていきます。

コテツくんのわかる解説!

\14,000円分!PayPayもらえる!/
Y!mobile公式ストア
(Yahoo! JAPAN運営)

\10,000円キャッシュバック!/
UQオンラインストア

Y!とUQは別格 他MVNOは検討する必要はなし

格安SIMは数え切れないほどのブランドがありますが、
Y!mobileとUQmobileは明確に別格の存在です。

大手と変わらない使用感で安心してスマホを使いたいなら、この2社を比較するだけで十分だと当サイトは考えています。

そう言い切れる最大の理由は
大手キャリアの直営であると言う点。

Y!mobileはソフトバンク直営、
UQmobileも20年10月からKDDI直営となることが決まりました。

格安SIMはMVNOという区分になりますが、Y!とUQは大手と同じくMNOという区分になります。(UQは現時点ではMVNO、10月からMNO)

MNOは自社の通信ネットワークを日本全国に張り巡らせ、自前の電波を飛ばしています。
もちろん、巨額の資金力が必要ですし総務省からの特別な認可が必要です。

そんな資金力を捻出できないMVNOは、
MNOのネットワークをお金を出して借りることで事業を行っています。

そこにはお昼の通信速度を始め、
埋めることのできない差が存在しています。

トラキさん
トラキさん
言い切るねー(笑)
コテツくん
コテツくん
スマホってライフラインですからね。
絶対に最優先すべきは信頼性です。

項目別比較

13項目にわたって、UQモバイルとY!mobileを比べていきます

2社ともに料金プラン改定を
反映済みです。

UQは6月から新プランの提供をスタート。
Y!は7月からで、既存の契約者も一切の手続きなしでそのまま適用されます。

比較の一覧はこちら。左がUQ、右がY!です。

UQ mobile Y!mobile
1.月額料金
◎かけ放題無しで
最安級
◎かけ放題有りで
最安級
2.通信速度
◎昼夕も大手と同じ ◎昼夕も大手と同じ
3.契約期間の縛り
◎縛り無し ◎縛り無し
4.通信回線の選択幅
△au回線のみ △SoftBank回線のみ
5.SIMロック解除
△一部のau端末以外は必要 ×必ず必要
6.音声通話
◎3つのオプション
から選択可能
◎1回10分かけ放題が
基本料金にコミコミ
7.留守番電話
△月額380円 ◎月額無料
8.データ容量の使い勝手
繰越や速度切替など 子回線用SIMが格安
9.家族割引・複数割引
◎500円/回線 ◎500円/回線
10.光セット割引
○500円/回線
1回線のみ
◎500円/回線
家族も
11.サポート 
◎全国2700以上の
取扱店舗
◎全国4,000以上の
取扱店舗
12.最新おトク情報
○SIM契約で
10,000円!
◎SIM契約で
14,000円分!
13.キャッシュレス決済
○auペイで優遇なし ○PayPayで優遇

左がUQ、右がY!です。

それぞれの項目ごとに、解説していきます。

右下の目次アイコンを使って
気になる部分を読んでください。

トラキさん
トラキさん
ちょ、コテツくん気合い入りすぎだよ

ボリューム感が(苦笑)

コテツくん
コテツくん
スミマセン(苦笑)
このページで決着をつけてもらおうと思いまして(笑)

長くなってるので、気になるところだけ読んでくださいね。

1.基本使用料

ワイモバイルとUQモバイル比較記事の見出しアイキャッチ

それぞれの基本使用料を比較します。

どちらも似たようなものだと思われがちですが、
実はかけ放題の扱いが大きく違います。

Y!mobileは基本料金にコミコミ、
UQはオプションとして選択可能です。

UQ 典型的な月額

UQの主力プランは「スマホプランS/R」です。

6月1日から料金プランが改定、
M/Lが廃止され新たにRが新設されました。

最重要ポイントは無料通話がコミコミではないこと。
カタログやCMで宣伝されている料金では
無料通話は付いてきません。
20円/30秒の通話料金が使った分だけかかります。

その代わり3種類の通話オプションが用意されています。

  1. 完全かけ放題 月1,700円
    24時間いつでも国内通話かけ放題
  2. 10分かけ放題 月700円
    1回10分の国内通話がかけ放題
  3. 60分無料通話 月500円
    ひと月60分の無料通話

ユーザーは自分の通話の使い方に合わせて選択ができます。

UQの月額

ここでは

  • 無料通話無し
  • 10分カケホ
  • 60分無料通話

の3パターンで計算しました。

プランS プランR
無料通話無 1,980円 2,980円
10分カケホ 2,680円 3,680円
60分通話 2,480円 3,480円
データ容量 3GB 10GB

これがUQの月額料金になります。

何年使ってもこの額のままです。

なお3種類の通話オプションのどれかをつければ、1年間データ容量が増量されます。
プランSは4GB、プランRは12GBとなります。

トラキさん
トラキさん
ずっと同じ料金っていうのは安心だね。

通話オプションをつけるとちょっと月額の印象が変わるね。

コテツくん
コテツくん
そうですね。
無料通話つけると、思ったより高くなると感じる人もいるかと。

ワイモバイル
典型的な料金

Y!mobileはスマホベーシックプランS/M/Rが主力です。
1回10分のかけ放題が基本プランにコミコミです。

完全かけ放題は月1,000円でつけることが可能です。

プランS プランM プランR
基本料金
新規割期間
1,980円 2,980円 3,980円
基本料金
通常時
2,680円 3,680円 4,680円
データ容量
(2年目以降)
4GB
/3GB
13GB
/10GB
17GB
/14GB
通話料金 1回10分以内の国内通話が0円
回数無制限

・新規割 -700円×6ヶ月

これがY!mobileのもっともよくある典型的な料金になります。

なお、データ容量は1年目は多く使えます。

2社の月額料金を比較

2社の月額料金、2年総額を比べてみます

比較しやすくするために、
UQは10分カケホつきと
通話オプションなしの2パターンを計算しました。

小容量(Y!プランS VS UQプランS)

Y!
プランS
UQ
プランS
10分カケホ
UQ
プランS
無料通話無
月額月額
2,680円
(1,980円)
2,680円 1,980円
2年総額
60,120円 64,320円 47,520円
4GB
(3GB)
4GB
(3GB)
3GB
1回10分以内の国内通話が0円 20円/30秒

・Y!は新規割 -700円×6ヶ月
・UQ10分カケホはデータ増量キャンペーン(1年間)を適用

10分かけ放題をつけた場合、
月額は同じになります。
新規割の700円×6回分、
Y!mobileの方が安くなります。

UQが有利になるのは無料通話無の場合。
ただし通話に20円/30秒がかかります。
また、データ容量が1GB少なくなります。

なお、UQを60分無料通話にした場合でも、
Y!に比べて2年総額で600円しか安くなりません。

さらに重要なポイントですが、
Y!は留守番電話が無料なのに対し
UQは追加で月380円かかります。
2年で9,120円です。

トラキさん
トラキさん
あれ、10分カケホつけたらワイモバイルが安くなるんだ?!
コテツくん
コテツくん
新規割が効いてますね。
他のMVNOなら大袈裟に宣伝するレベルの割引ですからね。

次、大容量で比べます。
Y!mobileはプランM、UQはプランRです。

大容量(Y!プランM VS UQプランR)

Y!
プランM
UQ
プランR
10分カケホ
UQ
プランR
無料通話無
月額月額
3,680円
(2,980円)
3,680円 2,980円
2年総額
84,120円 88,320円 71,520円
13GB
(10GB)
12GB
(10GB)
10GB
1回10分以内の国内通話が0円 20円/30秒

・Y!は新規割 -700円×6ヶ月
・UQ10分カケホはデータ増量キャンペーン(1年間)を適用

10分かけ放題の場合、
やはりワイモバイルが安くなります。

なおUQを60分無料通話にした場合でも、
Y!に比べて2年総額で600円分しか安くなりません。

Y!は留守番電話がコミコミです。
UQは月380円、2年で9,120円が追加で必要です。

普通に電話も使う方ならY!mobileが安心。

UQがお得になるのは
通話オプションが不要な方
ということになります。

コテツくん
コテツくん
好みがなければ、最大の決め手は通話するかどうかです!
トラキさん
トラキさん
子どもの保育園とか、お店に電話したりすることを考えるとかけ放題は欲しいなぁ。

\14,000円分!PayPayもらえる!/
Y!mobile公式ストア
(Yahoo! JAPAN運営)

\10,000円キャッシュバック!/
UQオンラインストア

2.通信速度 どっちも大手並み

ワイモバイルとUQモバイル比較記事の見出しアイキャッチ

格安SIM(MVNO)を使う上でいちばん気になるのが、通信速度。

「お昼休みと夕方に極端に遅くなる」というのが
すべての格安SIM(MVNO)の弱点
です。

「お昼や夕方にはちょっと遅くなるけどLINEやSNSをみるぐらいなら大丈夫!」という口コミをよく見かけますが、

その“ちょっと遅くなる”が日常になると大きなストレスを抱えることになります。

Y! UQ mineo(D)
12時台 57.79 21.24 1.33
14時台 55.36 96.37 57.01
18時台 26.70 35.65 7.71

(20年7月31日 下り 当サイト調べ)

価格コムなどでの調査でも、ほぼ同様の結果になっています。

快適にネットサーフィンができる速度が2~3Mbpsと言われています。

Y!とUQは常時高速。
大手3キャリアと同等の速度を
常時維持しています。

mineoは12時台に注目です。大きく落ち込んでいてギリギリのレベル。
1Mbpsとなっていますが、UQやY!が速度制限された時の最大速度がその1Mbpsです。
(2社ともプランSは除く)

mineoに限らず、ほぼ全ての格安SIM(MVNO)がお昼は遅くなります。

この昼夕の通信速度の安定性は、
Y!とUQは別格
と当サイトが考える最大の理由です。

コテツくん
コテツくん
コレ「そのうち慣れるだろ」とかって軽く考えちゃダメです。

昼夕にネットが遅いってストレスすごいですよ。

トラキさん
トラキさん
あーそれってさ、ネット銀行使ったりするのがきつくなるのか。
コテツくん
コテツくん
オカノ課長は「株式投資とかをする人はお昼が遅いのは怖い」っておっしゃってましたね。

それに災害時とか万が一のこと考えるとシビアに考えざるを得ません。

トラキさん
トラキさん
もうスマホってライフラインみたいなものだしね。

安定性、信頼性は最重要だと思うよ。

3.契約期間の縛り 新プランでどちらも廃止!

UQ、ワイモバイルともに縛りなし

UQ、Y!mobile、ともに縛りや違約金はありません。

トラキさん
トラキさん
これは気が楽になるね!
コテツくん
コテツくん
慎重派の人でもお試ししやすくなりますよね!

4.通信回線の選択幅 どっちも自社だけ

ワイモバイルとUQモバイル比較記事の見出しアイキャッチ

2社ともに自社の回線だけとなります。

  • UQーau回線のみ
  • Y!ーSoftBank回線のみ

ですが、これは大きな問題ではありません。

大手3キャリアの回線を選ぶことができるMVNOもありますが、
結局は3つのうちどれか一つを選んで契約することになります。

トラキさん
トラキさん
どっちも自分のグループだけで十分ってことか。
コテツくん
コテツくん
借りるんじゃなくって自前の通信回線を使うわけですからね。
問題にならないと思います

5.SIMロック解除の要不要 どっちも原則必要

ワイモバイルとUQモバイル比較記事の見出しアイキャッチ

UQ 原則SIMロック解除が必要

UQモバイルはau回線を使うため、
ドコモやSoftBankで買ったスマホ端末を使うにはSIMロック解除が必要です。

またauで買ったスマホ端末でも
そのままではUQでは使えない場合が多くあるので確認が必要です。

例えばiPhone7などはSIMロック解除が必要になります。

ワイモバイル SIMロック解除が必ず必要

Y!mobileで今のスマホをそのまま使う場合は必ずSIMロック解除が必要になります。
SoftBankで買ったスマホ端末であっても必須になります。

トラキさん
トラキさん
グループ会社のものならSIMロック解除しなくてもいいようになればいいのにね
コテツくん
コテツくん
そうですねー。
ただぼくは「どっちみちSIMロック解除はしておいた方がいいよ派」なんです。
Y!からUQに乗り換えるとか、その逆のときとかに便利ですもん。
SIMロック解除ってスマホからオンラインで5分ですみますしね。
トラキさん
トラキさん
なるほどね。そう言われるとそうか。

\14,000円分!PayPayもらえる!/
Y!mobile公式ストア
(Yahoo! JAPAN運営)

\10,000円キャッシュバック!/
UQオンラインストア

6.音声通話 好み次第でOK

ワイモバイルとUQモバイル比較記事の見出しアイキャッチ

UQ 選べる3つの通話オプション

UQの基本プランには無料通話は付いていません。

オプションで3種類の無料通話をつけることができます。

  1. 完全かけ放題 月1,700円
    24時間いつでも国内通話かけ放題
  2. 10分かけ放題 月700円
    1回10分の国内通話がかけ放題
  3. 60分無料通話 月500円
    ひと月60分の無料通話

自分の通話スタイルに合わせて選択できるのは大きなメリット。

Y!mobile 1回10分かけ放題コミコミ

ワイモバイルでは1回10分の国内通話かけ放題が基本プランにコミコミになっています。

完全かけ放題の「スーパーだれとでも定額」というオプションがあります。

  1. 完全かけ放題 月1,000円
    24時間いつでも国内通話かけ放題

UQの完全かけ放題よりも700円安くなっていますが、
トータルでみると同額になっています。

無料通話を外すことができないのが、
人によってはデメリットになるかもしれません。

コテツくん
コテツくん
ここは使い勝手に差がつく部分だと思います!

ワイモバイルの肩をもつと、初めからコミコミなのでごちゃごちゃ考えなくってすみます(笑)

トラキさん
トラキさん
UQは選べるのがメリットだね(笑)
でも、やっぱりかけ放題はつけときたいな。
コテツくん
コテツくん
実は見逃せないポイントが他にもあります。

このあと解説する留守番電話です。

7.留守番電話 UQは有料、Y!は無料

ワイモバイルとUQモバイル比較記事の見出しアイキャッチ

UQ 留守番電話は月額380円

UQでは留守番電話は、月額380円の有料オプションとなっています。

月380円、2年で9120円が追加になります。

三者通話サービス、迷惑電話撃退サービスとセットの電話基本パックとして提供されています。

Androidなら伝言メモ機能を使うという手もありますが、iPhoneには伝言メモ機能がありません。

ワイモバイル 留守番電話が無料

Y!mobileは留守番電話が申し込み不要、月額無料で使うことができます。

トラキさん
トラキさん
2年で九千円は大きいな。
留守電、なんだかんだでないと不安なんだよ。
コテツくん
コテツくん
意地悪な言い方するとUQは通話や留守電をオプション扱いにすることで月額を安く見せてるとも言えるかと。
トラキさん
トラキさん
お、ワイモバイルびいきの考え方だ(笑)

8.データの使い勝手 細かな調整はUQ優位

ワイモバイルとUQモバイル比較記事の見出しアイキャッチ

UQ データ繰り越しや速度切替も!

通話オプションとau IDの登録を条件に、1年間データ増量されます。

データ容量が余った場合は翌月まで繰り越しが可能。

節約モードで高速通信と低速通信を切り替えることができ、
低速通信にしておけばデータ消費がゼロの扱いになります。

ワイモバイル タブレット用SIMを発行できる

特に条件なく、データ増量無料キャンペーンで1年間データ増量されます。

データの繰り越しや節約モードはありません。

UQにはない強みとしては
「シェアプラン(子回線)」という仕組みがあること。

データSIMカードを安く発行することができ、
親回線のデータ容量をシェアすることができます。
もちろん、大手キャリアと同等の高速通信です。

自宅のタブレットや使っていないスマホを活用してください。

プランSなら1枚あたり980円、
M/Rなら1枚あたり月490円で最大3枚まで追加発行できます。

【ワイモバイルのシェアプラン!】

UQの場合は、データ通信の新規契約が必要になります。

トラキさん
トラキさん
これはUQがかなりいいんじゃないの?
コテツくん
コテツくん
細かく調整するのが好きな人ならUQがいいと思います。

ざっくりでいいって方ならY!がわかりやすいですね。

タブレットも使う方なら、Y!のデータSIMが格安っていうのは強力ですよ

トラキさん
トラキさん
Y!mobile推しだねーw
でも確かにそれはそうなのかも。

\14,000円分!PayPayもらえる!/
Y!mobile公式ストア
(Yahoo! JAPAN運営)

\10,000円キャッシュバック!/
UQオンラインストア

9.家族割引・複数回線割引 どっちも2回線目から500円

ワイモバイルとUQモバイル比較記事の見出しアイキャッチ

実はほとんどの格安SIM(MVNO)には家族割引がありません。
あったとしても1回線あたり50円と少額だったりします。

Y!とUQには2回線目以降に500円/月の家族割引があります。
2回線なら500円×1回線、3回線なら500円×2回線です。

メインとなる1回線目はどちらも割引対象になりません。

同じ人が2回線以上を使っている場合も割引が受けられます。

同じ住所の家族に限らず、離れて暮らす家族や名字が違う場合も大丈夫です。

UQ オンライン契約の場合は後で手続きが必要

UQの家族割引は、オンラインで契約する場合には別途申し込みが必要となります。
お客様センターへの電話で申し込みが出来ます。

ワイモバイル オンライン契約と同時に申し込み可能

ワイモバイルではオンライン契約と同時に、画面上で家族割引を申し込むことが出来ます。

トラキさん
トラキさん
なんでUQは契約と同時に申し込みできないんだろうね
コテツくん
コテツくん
電話一本の話ですけど、忘れないようにしないといけませんね。

10.光セット割引

ワイモバイルとUQモバイル比較記事の見出しアイキャッチ

UQ UQ WiMAXかビッグローブ光

UQは、UQWiMAXかビッグローブ光とセット割引できる「ギガMAX月割」が用意されています。

“1回線だけ”500円/月が割引になります。
家族は対象になりません。

またauスマートバリューは適用外のため、自宅がau光の場合でも安くはなりません。

コテツくん
コテツくん
ここはおそらくKDDI直営になる秋からは変わると思います。

ワイモバイル SoftBank光/Airとのセット割

SoftBank光/Airの場合は「おうち割光セット」が適用されます。

おうち割 プランS プランM プランR
割引額 −500円

S/M/R問わず、月500円が割引になります。

家族分も対象です

Y!mobileの中でも最強の割引の一つです。

ただし、注意点が2つあります。

  1. 家族割引との併用はできない
  2. SoftBank光の場合はオプション料金月500円が必要。

詳しくは【Y!mobileの光割引はSoftBank光/Airと】をご覧ください

コテツくん
コテツくん
Y!mobileは家族で2回線以上使ってる場合に、光割引の効果が発揮できます。UQはいまのところ1回線だけしか対象にならないのが注意点ですね。
トラキさん
トラキさん
4人家族とかだと結構大きい差になりそうだね。

11.ユーザーサポート どっちも実店舗が多数

ワイモバイルとUQモバイル比較記事の見出しアイキャッチ

UQもY!mobileも実店舗を多く展開しています。

その他の格安SIM(MVNO)ではコストをカットするために、実店舗をほとんど展開していません。

いざというときの安心感はさすがの大手サブブランド です。

ただし大手キャリアのショップと同じく、スタッフの対応はイマイチとの口コミもちらほら。
「万が一のときに駆けこむ場所」というぐらいの認識がいいかもしれません。

一方で、2社ともオンラインショップのチャットサポートはとても優秀です。
サポート担当者が迅速かつ的確に対応してくれます。

UQ 全国に2,700以上の取扱店舗

UQは実店舗を全国に約2,700ほど展開しています。
多くの家電量販店でも取扱窓口があります。

ワイモバイル 全国に4,000以上の取扱店舗

ワイモバイルは家電量販店などの取扱も含めると全国で4,000以上の実店舗が存在しています。

SoftBankショップとの併設店舗だけでも、全国で1,000を超えます。

実店舗だと割高な契約に

2社ともの注意点ですが、キャンペーンのほとんどが実店舗では適用されず割高な契約になってしまいます。

ほとんどの格安SIM(MVNO)会社は実店舗がありません。
人件費をカットすることで低料金を実現しています。

Y!とUQは実店舗を多く持っていますが、できるだけ人件費を抑えるためにはやはりオンライン契約者を増やす方が有利です。

そのため、オンラインのキャンペーンを強化しています。

コテツくん
コテツくん
Y!mobileの【オンライン契約の手順】や、【初期設定の方法】は当サイトで詳しく解説しています。

12.最新おトク情報

ワイモバイルとUQモバイル比較記事の見出しアイキャッチ

ここではMNPでのSIM契約のおトク情報を取り上げます。

8月のUQ 10,000円キャッシュバック!

SIMのみMNPで10,000円のキャッシュバック!
3月決算商戦の水準をキープしています。

UQオンラインストアで実施中です。

その他、端末を契約する場合の割引も強化されています!

姉妹サイトの【UQモバイルのキャンペーンキャッシュバック最新情報!】で詳しく解説しています。

8月のY! 14,000円分PayPay!

SIMのみMNPで最大14,000円分を狙えます。

昨年秋の料金プラン改定以降で、最高の条件です。

詳しくは【ワイモバイルキャンペーン最新情報!】で解説しています。

トラキさん
トラキさん
どっちもすごいな!
どうなってんの?!
コテツくん
コテツくん
格安SIMでこれだけの特典つけてるとこないですよ。
UQもワイモバイルも、他を圧倒してます。
コテツくん
コテツくん
Y!の方がUQよりも4,000円分も特典額多いですからねっ
よく見てくださいね
トラキさん
トラキさん
はいはい(苦笑)
PayPayならどこでも使えるもんね(苦笑)

\14,000円分!PayPayもらえる!/
Y!mobile公式ストア
(Yahoo! JAPAN運営)

\10,000円キャッシュバック!/
UQオンラインストア

13.キャッシュレス決済

ワイモバイルとUQモバイル比較記事の見出しアイキャッチ

MNP先を決めるにあたって、
気になるのは○○PAY。

ただし、一時のキャンペーンブームも終わり、今となってはそれほど気にする必要はありません。

ワイモバイル PayPayで優遇

「キャッシュレス決済の主役」といった感のPayPay。

PayPayはソフトバンクグループが運営しています。

PayPay自体はどのキャリアのスマホでも使えますが、同じグループのY!mobileユーザーなら優遇を受けることができます。

ただし、一時期よりも還元率は低下しました。

【最新PayPayキャンペーン情報!】

UQ auPayでの優遇は特になし

auPayでUQユーザーへの優遇は特にありません。

とはいえ一般ユーザーと同様にキャッシュレスの恩恵を得ることができます。

コテツくん
コテツくん
前は結構重要だったんですけどね。

今はあんまり差がつかないかもです。

トラキさん
トラキさん
そうだねー、便利だから使ってるけど。
コテツくん
コテツくん
そんな感じでいいと思います。

まとめ シンプルなのはY!mobile!こだわり派はUQ!

ワイモバイルとUQの比較アイキャッチ画像

以上、13項目の比較を終えました。
あらためて比較一覧表を確認します。

左がUQ、右がY!です。

UQ mobile Y!mobile
1.月額料金
◎かけ放題無しで
最安級
◎かけ放題有りで
最安級
2.通信速度
◎昼夕も大手と同じ ◎昼夕も大手と同じ
3.契約期間の縛り
◎縛り無し ◎縛り無し
4.通信回線の選択幅
△au回線のみ △SoftBank回線のみ
5.SIMロック解除
△一部のau端末以外は必要 ×必ず必要
6.音声通話
◎3つのオプション
から選択可能
◎1回10分かけ放題が
基本料金にコミコミ
7.留守番電話
△月額380円 ◎月額無料
8.データ容量の使い勝手
繰越や速度切替など 子回線用SIMが格安
9.家族割引・複数割引
◎500円/回線 ◎500円/回線
10.光セット割引
○500円/回線
1回線のみ
◎500円/回線
家族も
11.サポート 
◎全国2700以上の
取扱店舗
◎全国4,000以上の
取扱店舗
12.最新おトク情報
○SIM契約で
10,000円!
◎SIM契約で
14,000円分!
13.キャッシュレス決済
○auペイで優遇なし ○PayPayで優遇

左がUQ、右がY!です。

好みがなければ、決め手になるのは無料通話です。不要ならUQ、必要ならY!が安くなります。

トラキさん
トラキさん
ありがとうコテツくん、もうお腹いっぱいだ(苦笑)

ぶっちゃけ、コテツくんはどっちがいいと思ってるの?

コテツくん
コテツくん
ぶっちゃけた話、この2社ならどっちでもいいです!
トラキさんがワイモバイル好きそうなんで、ワイモバイル推しで解説しました。

オカノさんにはUQを推してます(笑)

トラキさん
トラキさん
やるな、コテツくん(笑)
やっぱり最後は直感だね(笑)

Y!mobileとUQモバイル、
格安SIMの中で別格なのはこの2社です。

このどちらかであれば
あとは好みで決めて大丈夫です。

Y!mobileは「大手キャリアへの不満」と「格安SIM(MVNO)への不安」を解消する、今もっともベストな選択肢です。

当サイトではY!mobileへのオンライン契約の具体的な手順や、初期設定の方法までしっかり解説しています。

また、当サイトでご案内しているもの以上にオトクな公式キャッシュバックやキャンペーンは存在しないので安心してください。

少しだけその気になってY!mobileに乗り換えれば、大手キャリアでの余計な出費を終わりにできます。

当サイトはスマホ代を安くしたいあなたのお役に立てるように頑張ります!

\14,000円分!PayPayもらえる!/
Y!mobile公式ストア
(Yahoo! JAPAN運営)

\10,000円キャッシュバック!/
UQオンラインストア

ワイモバイルのキャンペーンキャッシュバック最新情報!【コテツの解説】
【8月】ワイモバイルのキャンペーンキャッシュバック最新情報!【コテツの解説】【コテツの解説8月13日更新】2020年8月のキャンペーン情報を随時更新中。SIMのみ契約では14,000円を狙えます!ベストな契約日、契約方法を解説。これで失敗しません。ワイモバイルのキャンペーン・キャッシュバック最新情報をコテツくんがわかる解説!...
ワイモバイルのメリットデメリット完全版記事のアイキャッチ画像
Y!mobileワイモバイルのメリット・デメリット完全版【コテツの解説20年7月】ワイモバイルのメリット・デメリットを完全網羅。要点をわかりやすく解説しています。この記事を読めばMNPを決められます。...
ワイモバイルオンライン申し込み手順のアイキャッチ画像
ワイモバイル MNPオンライン契約の申込手順【わかる解説20年4月】Y!mobileのオンラインストアでの申し込み手順を画像多めでしく解説。公式ではわかりにくいところも補足しながらわかりやすく解説します。...