他社と比較!

ワイモバイル VS UQ 徹底比較!なんと月額料金に大きな違い

Y!mobileとUQを比較アイキャッチ画像

【重要・端末セット契約】

今週木曜日は
5のつく日」

iPhone 7、6s、P20 liteなど
対象機種を契約すれば

最大15,555ポイントの
期間固定
Tポイント

Yahoo!ショッピングで使えます

対象は他社からのMNPで
Yahoo! JAPAN IDを持っている方

詳しい内容は
【端末セット契約でTポイント!】
で解説!

最大15,555ポイント!公式サイト

MNP予約番号取得はこちら

トラキさん
トラキさん
ワイモバイルとUQってどっちも人気あるんだよね?
実際どっちがいいのかな
コテツくん
コテツくん
かなりハイレベルな争いですよ。

実際、どっちを選んでも大手と変わらないです。

でも今のスマホをそのまま使う場合、実は月額料金にかなりの差が生まれます。

使い勝手も人によるかもしれません

「格安SIM(MVNO)にしたいんだけど、種類が多すぎてどれがいいかわからない」というのはよくある悩みです。

この記事では格安SIM(MVNO)でも人気の高いUQモバイルとワイモバイルを比較してみます。
大手キャリアのサブブランド同士、ハイレベルな争いになっています。
ネットで調べていても「どちらも似たようなもの」と結論づける情報サイトがほとんど。

ですが、実際にはかなり違いがあります。

当サイトはY!mobileの解説サイトですが、できるだけ公平な視点で比べてみました。

メインスマホとして使う場合、月額料金はY!mobileの方が大幅に安くなります。

また、Y!mobileはPayPayでの異次元の優遇があるため、スマホ代だけでなく家計の変動費も大幅に節約できます。

「Y!mobileって良さそうだけど・・」と迷うあなたに、ワイモバイルの知りたい情報をわかりやすくお届けします。

コテツくん
コテツくん
当サイトではできるだけ分かりやすくするために2年総額計算などを一部単純化しています。

そのため実際の金額とは若干の差額が生じる場合があります。

金額は原則税抜きです。

Y!mobileオンラインストア

UQモバイル公式サイト

Contents

それぞれにおススメなのはこんなタイプの人

UQモバイルとワイモバイルを比較して、それぞれをおススメできるのはどんなタイプの人かを検討しました。

UQモバイルがおススメな人

  • 回数は少ないけど長い電話をかける人
  • 通信データを上手に使いたい人
  • 自分向けにプランをオーダーメイドしたい人
  • キャッシュレス決済に興味がない人

Y!mobileがおススメな人

  • 音声通話をそこそこ使う人
  • スマホと別にタブレットも使いたい人
  • できるだけシンプルな契約をしたい人
  • PayPayが少しでも気になる人

どちらの使い勝手も大手キャリアと変わらないほど優秀です。

どちらを選んでも後悔は少ないはずですが、よく比較すると意外なほど違いがある上に、メインスマホとして使うなら料金面で大きく差が出る場合があります。

項目別比較

13項目にわたって、UQモバイルとY!mobileを比べていきます

比較の一覧はこちら。

UQモバイル Y!mobile
1.月額料金 △格安SIM(MVNO)ではやや高め ◎かけ放題コミなら最安レベル
2.通信速度 ◎昼夕も大手並みの高速通信 ◎昼夕も大手並みの高速通信
3.契約期間の縛り △2年縛り △2年縛り
4.通信回線の選択幅 △au回線のみ △SoftBank回線のみ
5.SIMロック解除 △一部のau端末以外は必要 ×必ず必要
6.音声通話 ◎無料通話が2つのプランから選択できる 完全かけ放題は無し ◎1回10分のかけ放題がコミコミ 完全かけ放題もあり
7.留守番電話 △月額380円 ○月額無料
8.データ容量の使い勝手 ◎繰り越しや速度切替などあり ×繰り越しやシェアはない
9.家族割引・複数割引 〇500円/回線と割引額が大
1回線目は対象外
〇500円/回線と割引額が大
1回線目は対象外
10.光セット割引 ×光セット割引は無い 〇おうちセット割で1回線当たり1,000~500円をずっと割引
11.サポート △実店舗が約200店 〇実店舗が1,000店超
12.7月のキャンペーン 〇キャッシュバックあり ○強力な割引
13.キャッシュレス決済 ×auペイでの優遇はなし ◎PayPayで異次元の優遇

それぞれの項目ごとに、解説していきます!

トラキさん
トラキさん
ちょ、コテツくん気合い入りすぎだよ

記事のボリュームがヤバイ(苦笑)

コテツくん
コテツくん
スミマセン、この記事で決着をつけてやろうと思いまして(笑)

長くなってるので、気になるところだけ読んでくださいね。

ただ、「13.キャッシュレス決済」のところだけは見逃さないでください!

1.月額料金 Y!mobileが安い!

それぞれの月額料金を比較してみます。

両社とも端末を一緒に買う契約ももちろんできますが取り扱い機種に違いがあります。
そのため、ここでは

  • 今のスマホをそのまま使うSIMカードのみ契約
  • メインスマホとして音声通話も使う

の場合として考えます。

コテツくん
コテツくん
端末セット契約の場合も、SIMのみの場合と傾向は変わりません。

また、同じ機種でも積極的にセールを行っているY!mobileの方がたいていの場合で安く手に入れられます

UQモバイルの典型的な料金

UQモバイルの主力プランは「おしゃべりプランS/M/L」と「ぴったりプランS/M/L」の2種類です。

おしゃべりプランとぴったりプランの違いは無料通話の形式です

  • おしゃべりプラン
    1回5分以内の国内通話がかけ放題(S/M/L共通)
  • ぴったりプラン
    Sで60分、Mで120分、Lで180分の無料通話

短い通話を何回もかける人は「おしゃべりプラン」、回数は少ないけど、長めの通話になることが多い人は「ぴったりプラン」がおすすめになります。

どちらのプランも料金は共通で、通信データの容量次第。

契約時に入るのが当たり前になっている「イチキュッパ割」「データ増量オプション」「スマトク割」を反映させます。

おしゃべり/ぴったり 月額
S(3GB) 1年目 1,980円
2年目 2,980円
M(9GB) 1年目 2,980円
2年目 3,980円
L(21GB) 1年目 4,980円
2年目 5,980円
  • イチキュッパ割(1年目のみ、毎月1,000円割引)
  • データ増量オプション(2年間データ容量を増量)
  • スマトク割(毎月1,000円割引、事実上無期限)

これがUQモバイルのもっともよくある典型的な料金になります。

おしゃべりプランもぴったりプランも同額で通話料金はコミコミ。2年目から1,000円上がるのはイチキュッパ割が13カ月で終了するからです。

スマトク割は2年間で終了しますが、3年目以降は長期利用割引と名前を変えて継続されます。

トラキさん
トラキさん
カタログどおりだね
コテツくん
コテツくん
そうですね!
イチキュッパ割は本当は13カ月間ですが、ややこしくなるのでここでは1年間としています。

次はワイモバイルです

Y!mobileの典型的な料金

ワイモバイルの主力プランは「スマホプランS/M/L」
データ容量と1回10分の国内通話かけ放題がコミコミになっています。

通話料金別のプランはありません。

現実に払う金額に合わせるため、契約時に入るのが当たり前になっている「ワンキュッパ割」と「データ増量無料オプション」、そしてSIMのみ契約をオンラインで申し込めば誰でも使える「SIM単体契約特別割引」を反映させます。

スマホプラン 月額
S(3GB) 1年目 1,580円
2年目 2,580円
M(9GB) 1年目 2,380円
2年目 3,380円
L(21GB) 1年目 4,380円
2年目 5,380円
  • ワンキュッパ割(1年目のみ、毎月1,000円割引)
  • データ増量無料キャンペーン(2年間データ容量を増量)
  • SIM単体契約特別割引(Sで400円、M/Lで600円を2年間割引)

これがY!mobileのもっともよくある典型的な料金になります。

1回10分の無料通話がコミコミの価格になっています。
2年目から1,000円高くなるのは、ワンキュッパ割が1年目で終了するからです。

2社の月額料金を比較

2社の月額を比較してみます

UQmobile Y!mobile
S(3GB)
1年目 1,980円 1,580円
2年目 2,980円 2,580円
M(9GB)
2年目 2,980円 2,380円
2年目 3,980円 3,380円
L(21GB)
1年目 4,980円 4,380円
2年目 5,980円 5,380円

どの容量でもY!mobileの方が安くなります。

トラキさん
トラキさん
え!?こんなに違うの?

こんなの揃えとくもんじゃないの?

コテツくん
コテツくん
実際、Y!mobileの方が明確に安いんです。

イメージって怖いですよね。

「SIM単体契約特別割引」という割引がこの差の要因です。

トラキさん
トラキさん
そのSIM特別割引はオンラインで申し込めば必ず適用されるの?
コテツくん
コテツくん
そうです!他社からのMNPならみんな適用されて、この金額になります。

ただしソフトバンクからのMNPだと「SIM単体契約特別割引」は適用されません。

とはいえ、その場合でもUQと同じ月額になります

トラキさん
トラキさん
ええ、そうなの?

ソフトバンクからY!mobileって損すると思ってた

UQモバイルとY!mobileの2年総額を比較

UQモバイルとY!mobileの2年総額を比べてみます。

UQmobile Y!mobile
S(3GB) 59,520円 49,920円
M(9GB) 83,520円 69,120円
L(21GB) 131,520円 117,120円

どの容量でもY!mobileの方が安くなります。

トラキさん
トラキさん
2年総額だとかなり違ってくるんね。

こんなの同じ額に揃えてくるもんだと思ってた

コテツくん
コテツくん
ぼくも実際に計算してみて驚きました。

本当にイメージって怖いですね

Y!mobileオンラインストア

UQモバイル公式サイト

2.通信速度 どっちも大手並み

格安SIM(MVNO)を使う上でいちばん気になるのが、通信速度ではないでしょうか。

「お昼休みと夕方に極端に遅くなる」というのがほとんどすべての格安SIM(MVNO)の弱点です。

「お昼や夕方にはちょっと遅くなるけどLINEやSNSをみるぐらいなら大丈夫!」という口コミをよく見かけますが、

その“ちょっと遅くなる”が日常になると大きなストレスを抱えることになります。

UQとY!mobileの場合はどうなのかを調べてみました。
下り(ダウンロード)の速度です。

参考として、格安SIM(MVNO)で人気の高いmineoの数値も比べてみます。

UQmobile Y!mobile mineo(D)
12時台 15.19 22.87 0.65
14時台 15.48 26.56 2.05
18時台 22.47 10.40 1.12

 (下り 単位はMbps 2019.6価格コムマガジン調査

快適にネットサーフィンができる速度が2~3Mbpsと言われていますが、両社ともそれをはるかに上回る速度がでています。大手3キャリアと変わらないと思って大丈夫です。

今回はY!mobileが速くなっていますが、場所や条件によってはUQの方が速い場合も多くあります。

mineoはかなり厳しい結果となっています。
こちらはdocomo回線での結果ですが、au回線やSoftBank回線ならもう少し良好な状況です。

トラキさん
トラキさん
どっちもかなり速いんだね
コテツくん
コテツくん
両方とも大手グループだけあって、他の格安SIM(MVNO)と圧倒的な差がありますよ
トラキさん
トラキさん
お昼休みにネット銀行とか、チケット取ったりとかができなくなるのは困るな
コテツくん
コテツくん
特に株取引とかFX取引とかをしたい人とかなら、ちょっと選択肢に入りずらいでしょうね。

メイン使いするなら通信が不安定なのはあり得ないと思うんです

トラキさん
トラキさん
もうスマホってライフラインみたいなものだしね

Y!mobileオンラインストア

UQモバイル公式サイト

3.契約期間の縛り どっちも2年

UQ、Y!mobileともに2年縛り

契約期間の縛りに関してもUQ、Y!mobile、ともに大手並みです。

2年以内に解約すると9,500円の契約解除料が発生します。
自動更新されるという点も大手同様です。

トラキさん
トラキさん
ここは大手よりも短くしてくれたら良かったのにね
コテツくん
コテツくん
2社とも1年間で1,000円割引が終わりますから、そのタイミングで解約されると困るってことですかね

4.通信回線の選択幅 どっちも自社だけ

UQはau回線だけ

UQは同じKDDIグループのau回線しか使えません。

ワイモバイルはSoftBank回線だけ

Y!mobileはソフトバンクグループ直営なので、SoftBankの回線しか使えません。

トラキさん
トラキさん
どっちも、自分のグループだけってことね。
他社の回線を借りたとしても通信性能に大差はないもんな
コテツくん
コテツくん
余分なコストがかかるだけですもんね

5.SIMロック解除の要不要 どっちも原則必要

UQは一部のau端末以外はSIMロック解除が必要

UQモバイルはau回線を使うため、ドコモやSoftBankで買ったスマホ端末を使うにはSIMロック解除が必要です。

また、auで買ったスマホ端末でもそのままではUQでは使えない場合が多くあるので確認が必要です。

例えばiPhone7などはSIMロック解除が必要になります。

ワイモバイルはSIMロック解除が必ず必要

Y!mobileで今のスマホをそのまま使う場合は、必ずSIMロック解除が必要になります。
SoftBankで買ったスマホ端末であっても必須になります。

トラキさん
トラキさん
グループ会社のものならSIMロック解除しなくてもいいようになればいいのにね
コテツくん
コテツくん
ちょっと面倒ですよね。でもぼくは「どっちみちSIMロック解除はしておいた方がいいよ派」なんです。
スマホを中古で売ることになった場合、SIMロック解除済みの方が高くなるんですよ
トラキさん
トラキさん
なるほどね。ドコモ系の格安SIM(MVNO)でも使えるようになるし、その方が便利か

Y!mobileオンラインストア

UQモバイル公式サイト

6.音声通話 好み次第でOK

UQはおしゃべりプランとぴったりプランで

UQモバイルをメインスマホとして使うなら、主力プランは「おしゃべりプランS/M/L」と「ぴったりプランS/M/L」になります。

おしゃべり/ぴったりの違いは無料通話の形式です

  • おしゃべりプラン
    1回5分以内の国内通話がかけ放題(S/M/L共通)
  • ぴったりプラン
    Sで60分、Mで120分、Lで180分の無料通話

短い通話を何回もかける人は「おしゃべりプラン」、
回数は少ないけど、長めの通話になることが多い人はぴったりプランがおすすめになります。
例えばぴったりプランMなら無料通話は120分ですが、5分の通話なら24回かけることが出来ます。

また、両プランは月毎に自由に変更が出来ます。

完全かけ放題のプランはありません。

Y!mobileは1回10分のかけ放題がコミコミ 完全かけ放題もあり

ワイモバイルでは主力のスマホプランの場合、1回10分の国内通話かけ放題がコミコミになっています。
また「スーパーだれとでも定額」というオプションで、月額1,000円を払えば他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、固定電話への国内通話が、何時間でも何回でも無料になります。

通話料金別のプランはありません。

コテツくん
コテツくん
ここがいちばん使い勝手に差がつく部分だと思います!

UQは自分の使いかたに合わせてオーダーメイドしたい人、Y!mobileは余計なことを気にせずシンプルに電話を使いたい人に向いてますかね

トラキさん
トラキさん
なるほどーこれは人によって使い勝手が分かれそうだ!

Y!mobileオンラインストア

UQモバイル公式サイト

7.留守番電話 UQは有料、Y!は無料

UQでは留守番電話は月額380円

UQでは留守番電話は、月額380円の有料オプションとなっています。
三者通話サービス、迷惑電話撃退サービスとセットの電話基本パックとして提供されています。

機種によっては伝言メモ機能を代わりに使う手もありますが、iPhoneの場合は伝言メモ機能が付いていません。

Y!mobileは留守番電話が無料

Y!mobileは留守番電話が申し込み不要、月額無料で使うことができます。

トラキさん
トラキさん
なんだかんだであると助かるんだよね、留守電。

知らない番号からかかってきた時、ちゃんとした相手なら留守電入れてくれて後から確認できたりするし。

コテツくん
コテツくん
留守電がないと確かめようがないですもんね、家族がいるとなおさらですか。

留守電をつけると、月額料金の差がまた一段と開いちゃいます

トラキさん
トラキさん

UQは最安月額の1,980円に380円を上乗せするとだいたい2割増か。

それってかなりだよ。

8.データ容量の使い勝手 細かな調整はUQ優位

UQはデータ繰り越しや速度切替あり!

UQではデータ容量が余った場合は翌月まで繰り越すことができます。
また、高速通信と低速通信を切り替えることができ、低速通信にしておけばデータ消費がゼロの扱いになります。

残りデータ量に合わせて、細かな調整をすることが可能です。

家族とのグループシェアの仕組みはありません。

ワイモバイル タブレット用にデータSIMを発行できる

ワイモバイルにはデータの繰り越しや、家族とのグループシェアの仕組みはありません。

ただしUQにはない強みとして、「シェアプラン(子回線)」という仕組みがあり、タブレット用のデータSIMカードを安く発行することが出来ます。

データSIMカードをプランSなら+980円、Mなら490円、Lならなんと0円で追加発行できます。

しかも最大3枚まで追加可能で、何枚でも月額は変わりません

UQの場合は、データ通信の新規契約が必要になります。

トラキさん
トラキさん
普通にスマホ1台ならUQの方が細かく調整可能、タブレットを使いたいならY!mobileが有利なんだね
コテツくん
コテツくん
UQならタブレット用だけ別に他の格安SIM(MVNO)と契約する手もありますけど、結局昼夕にストレスたまるってことになりますね
トラキさん
トラキさん
契約が分かれちゃうし、結局使わなくなっちゃいそうだ

Y!mobileオンラインストア

UQモバイル公式サイト

9.家族割引・複数回線割引 どっちも2回線目から500円

どちらも2回線目以降に500円/月の家族割引があります。
2回線なら500円×1回線、3回線なら500円×2回線です。

メインとなる1回線目はどちらも割引対象になりません。

同じ人が2回線以上を使っている場合も割引が受けられます。

同じ住所の家族に限らず、離れて暮らす家族や名字が違う場合も大丈夫です。

ただし、家族割引の申し込み方法がUQとY!mobileで違います。

UQ オンライン契約の場合は後で手続きが必要

UQの家族割引は、オンラインで契約する場合、別途申し込みが必要となります。
実店舗に行くか、お客様センターへの電話で申し込むことが出来ます。

ワイモバイル オンライン契約と同時に申し込み可能

ワイモバイルではオンライン契約と同時に、画面上で家族割引を申し込むことが出来ます。

トラキさん
トラキさん
なんでUQは契約と同時に申し込みできないんだろうね
コテツくん
コテツくん
忘れないように気をつけないといけませんね
トラキさん
トラキさん
電話ですむならそれだけの話ではあるんだけどね

10.光セット割引

UQは光セット割引なし!ただし、UQ WiMAXとのセット割りあり

UQは固定の光回線とのセット割引はありません。

自宅がau光の場合でも、auスマートバリューは適用になりません。

ただし、UQ WiMAXとのセット割が可能です。

Y!mobileはSoftBank光/Airとのセット割が適用

SoftBank光/Airの場合は「おうち割光セット」が適用されます。

おうち割光セット プランS プランM プランL
割引額 -500円 -700円 -1,000円

この割引が全回線にずっと適用されます。
Y!mobileの中でも最強の割引の一つです。

ただし、注意点が2つあります。

  1. 家族割引との併用はできない
  2. 光BBユニット、Wi-Fiマルチパックおよびホワイト光電話/ひかり電話(N) + BBフォン/BBフォンのいずれかへの加入が必要。セットで月額500円。

詳しくは【Y!mobileの光割引はSoftBank光/Airと】をご覧ください

コテツくん
コテツくん
Y!mobileは家族で2回線以上使ってる場合に、光割引の効果が発揮できます。
トラキさん
トラキさん
UQはau光とセット割引できないなんて意外だね

11.ユーザーサポート どっちも実店舗が多数

UQもY!mobileも実店舗は多く展開しています。
家電量販店内の取扱店舗などを含めると、街中のいたるところで2社のロゴを見かけます。

その他の格安SIM(MVNO)ではコストをカットするために、実店舗をほとんど展開していません。

いざというときの安心感はやはりサブブランドならではのものです。
ただし、大手キャリアのショップと同じくスタッフの対応はイマイチとの口コミもちらほら。
「万が一のときに駆けこむ場所」というぐらいの認識がいいかもしれません。

一方で、2社ともオンラインショップのチャットサポートはとても優秀です。
サポート担当者が迅速かつ的確に対応してくれます。

UQは全国に約2700店舗

UQは実店舗を全国に約2700ほど展開しています。
多くの家電量販店でも取扱窓口があります。

ワイモバイルは全国に1000以上の店舗あり

ワイモバイルは元からあったSoftBankショップの中に併設する形でお店を急展開しています。その数は全国で1,000を超えます。

実店舗契約だとキャッシュバックが適用されない

2社ともの注意点ですが、当サイトでご紹介しているキャッシュバックやキャンペーンのほとんどが実店舗での契約の場合は適用されません。

実店舗での契約が増えると、結局余計に人件費がかかってしまうため、できるだけオンラインで契約してもらえるように誘導しているのかもしれません。

また、Y!mobileの場合、実店舗独自のキャンペーンはほぼ行われていません。

オンラインでの契約で割引還元を受けることをおすすめします。

コテツくん
コテツくん
Y!mobileの【オンライン契約の手順】や、【初期設定の方法】は当サイトで詳しく解説しています。

Y!mobileオンラインストア

UQモバイル公式サイト

12.7月の主なキャンペーン、キャッシュバック

UQ 3,000円キャッシュバック、WiMAXとのセットでも

SIMのみ契約を対象に、3,000円のキャッシュバックを実施中です!

また、UQモバイルと同月にWiMAXを契約した方には10,000円のキャッシュバックも実施中です!

ワイモバイル 強力な割引実施中

SIM契約では「SIM単体契約特別割引」が強力になっています。

また、端末セット契約ならiPhone6sが実質500円の底値です。
Y!mobileの6sは大手キャリアのXSやXRよりも売れていて、スマホ売り上げランキングの上位に入ってくるほど人気を集めています。

また、端末セット契約では最大15,555ポイントの期間固定Tポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。
iPhone6s、7もキャンペーン対象です。

トラキさん
トラキさん
なるほど、ワイモバイルかなりがんばってるんだね
コテツくん
コテツくん
ただ、実はUQにはSIM契約で最大10,000円のキャッシュバックもあるんです。

うちのサイトからは案内できないんだけで。。。

トラキさん
トラキさん
えーそうなんだ。

まぁ、こんなサイト名じゃ仕方ないよ(苦笑)

コテツくん
コテツくん
UQのキャッシュバックを考慮してもなお、ワイモバイルの方が安くすみますが、

UQを選ぶ方は他サイトさん経由で契約される方がいいです。

当サイトの力不足で申し訳ないです。

トラキさん
トラキさん
もっと頑張らないとだねー

Y!mobileオンラインストア

Y!mobile端末セット契約はこちら

UQモバイル公式サイト

13.キャッシュレス決済

QRコードを使ったキャッシュレス決済は、これからスマホキャリアを選ぶ上での大きなポイントになります。

今、PayPayを筆頭に多くのキャッシュレス決済で大型還元キャンペーンが実施されていますが、キャッシュレス決済を日常の決済手段にすれば、家計の変動費を大きく節約できるからです

10月の消費税10%増税の際には、キャッシュレス決済だけを対象にした還元事業が実施されることが決定しています。現金払いは還元の対象になりません。

例えば、キャッシュレス決済なら25%還元なのに、現金払いだと還元額0という状況がほぼ確実に生まれます。

キャッシュレス決済は国が主導して普及を進めています。

2020年東京五輪、2025年大阪万博を目指して、間違いなく“当たり前の支払い方法”になっていくはずです。

ワイモバイルはPayPayで超優遇

「キャッシュレス決済の主役」といった感のPayPayはソフトバンクグループが運営しています。

PayPay自体はどのキャリアのスマホでも使えますが、同じグループのY!mobileユーザーなら異次元の優遇を受けることができます。

単純に還元額が2倍、全額返ってくる抽選の当選確率も2倍になります。

PayPayはコンビニやドラッグストアならほぼ全ての大手チェーン店で導入済み。
なんとイオンをはじめとしたスーパー業界にも広がってきています。【PayPay使えるお店・加盟店一覧】

Y!mobileユーザーになればスマホ代だけでなく、普通は削りにくい家計の変動費を大幅に節約できます。

【最新PayPayキャンペーン情報!】

UQ auPayでの優遇は特になし

auは19年4月からauPayをスタートしましたが、UQユーザーへの優遇は特にありません。

トラキさん
トラキさん
ドコモのd払いとか、au PAYって正直、印象薄いよね
コテツくん
コテツくん
正直、PayPayのプロモーションが上手すぎる印象です。

au PAYだってUQを優遇すればいいと思うんですけどね

トラキさん
トラキさん
光割引が使えない件といい、UQとauはけっこう区別されるんだね。

Y!mobileはSoftBankとほとんど同じ扱いって感じ

コテツくん
コテツくん
サブブランドとはいえ、子会社なのか、直営なのかはけっこう違うんですかね。

まとめ 安いのはY!mobile!細かいところまでこだわるならUQ!

Y!mobileとUQを比較アイキャッチ画像

以上、13項目の比較を終えました。
あらためて項目別一覧表を確認します。

 

UQモバイル Y!mobile
1.月額料金 △格安SIM(MVNO)ではやや高め ◎かけ放題コミなら最安レベル
2.通信速度 ◎昼夕も大手並みの高速通信 ◎昼夕も大手並みの高速通信
3.契約期間の縛り △2年縛り △2年縛り
4.通信回線の選択幅 △au回線のみ △SoftBank回線のみ
5.SIMロック解除 △一部のau端末以外は必要 ×必ず必要
6.音声通話 ◎無料通話が2つのプランから選択できる 完全かけ放題は無し ◎1回10分のかけ放題がコミコミ 完全かけ放題もあり
7.留守番電話 △月額380円 ○月額無料
8.データ容量の使い勝手 ◎繰り越しや速度切替などあり ×繰り越しやシェアはない
9.家族割引・複数割引 〇500円/回線と割引額が大
1回線目は対象外
〇500円/回線と割引額が大
1回線目は対象外
10.光セット割引 ×光セット割引は無い 〇おうちセット割で1回線当たり1,000~500円をずっと割引
11.サポート △実店舗が約200店 〇実店舗が1,000店超
12.7月のキャンペーン 〇キャッシュバックあり ○強力な割引
13.キャッシュレス決済 ×auペイでの優遇はなし ◎PayPayで異次元の優遇

スマホとしての使い勝手に大差はありませんが、SIMのみ契約をするのであればY!mobileの方がかなり安くなります。

端末セット契約に関しても、同じ機種ならY!mobileの方が気持ちよく割引しているケースが目立ちます。

2年総額 UQmobile Y!mobile
S(3GB) 59,520円 49,920円
M(9GB) 83,520円 69,120円
L(21GB) 131,520円 117,120円

留守番電話のオプション料、PayPayでの優遇も含めて考えると、家計全体での節約効果ではY!mobileが大きくリードしていると言って差し支えありません。

UQモバイルがおススメな人

  • 回数は少ないけど長い電話をかける人
  • 通信データを上手に使いたい人
  • 自分向けにプランをオーダーメイドしたい人

ワイモバイルがおススメな人

  • 音声通話をそこそこ使う人
  • スマホと別にタブレットも使いたい人
  • できるだけシンプルな契約をしたい人

総務省の「スマホ代は4割は下がる」との要請に対し、ソフトバンクグループの孫正義会長は「Y!mobileをさらに値下げして対応する」と明言しました。

話題のPayPayでもワイモバイルユーザーは異次元の優遇を受けています。

Y!mobileは「大手キャリアへの不満」と「格安SIM(MVNO)への不安」を解消する、今もっともベストな選択肢です。

当サイトではY!mobileへの具体的な乗り換え方法や、初期設定の仕方までしっかり解説しています。

また、当サイトでご案内しているもの以上にお得な公式キャッシュバックやキャンペーンは存在しないので安心してください。

少しだけその気になってY!mobileに乗り換えれば、大手キャリアでの余計な出費を終わりにできます。

当サイトはスマホ代を安くしたいあなたのお役に立てるように頑張ります!

特別割引でSIMのみ契約はこちら

端末セット購入はこちらから

19年7月のワイモバイルキャンペーン情報
【7月】ワイモバイルのキャンペーンキャッシュバック最新情報!【最新】【わかる解説7月14日更新】Y!mobileのキャンペーン・キャッシュバック最新情報です。7月のワイモバイルは絶好条件です!のびのびになっているMNPに決着を!わかりやすく解説します。...
メリットデメリット完全版アイキャッチ
Y!mobileワイモバイルのメリット・デメリット完全版【わかる解説19年5月】ワイモバイルのメリット・デメリットを完全網羅。要点をわかりやすく解説しています。この記事を読めばMNPを決められます。...
Y!mobileへのMNP申し込み手順アイキャッチ
失敗しない!ワイモバイルへのMNPオンライン契約の手順【わかる解説】ワイモバイルのオンラインストアでの申し込みを詳しく解説。画像多めでこの記事を見ながら申し込めば安心です...