Y!にMNP

「ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは損」は誤解!メリットをわかりやすく解説

トラキさん
トラキさん
コテツくん、SoftBankからY!mobileに乗り換えるのって損するんだよね?

それじゃあどこにMNPするのがいいのかな

コテツくん
コテツくん
そう思ってる人多いみたいですよね。

でも、ぼくはSoftBankからの乗り換えでもY!mobileがベストの選択肢だと思ってるんです。

SoftBankとY!mobileはどちらも同じソフトバンクグループが運営するスマホブランドです。

そのためか、docomoやauからのMNPなら受けられる割引が、SoftBankからだと適用されなかったりすることも珍しくありません。

ネットで調べても「SoftBankユーザーがY!mobileに乗り換えるのは損」という主張をしている情報サイトが目立ちます。

ですが、当サイトはそれは必ずしも正しい理解ではないと考えます。

SoftBankからY!mobileへの乗り換えは“損”どころか、むしろ“現状でベストの選択肢”だというのが、当サイトの結論です。

この記事では、

  • SBからY!を選ぶべき理由、メリット
  • SBからY!、UQ、マイネオにMNPした場合の月額比較

などをわかりやすく解説します。

大手キャリアから今のスマホのままでY!mobileに乗り換えた場合、平均的なケースで2年間で15万円以上安くなります。
「他MVNOよりも高い」というイメージも、今では過去の話になっています。

当サイトはY!mobileが気になるあなたに、役立つ情報をわかりやすくお届けします。

コテツくん
コテツくん
当サイトでは2年総額計算などを一部単純化しています。

そのため実際の金額とは若干の差額が生じる場合があります。

金額は原則税抜きです

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える時の具体的な手順は【失敗しない!ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換え】をご覧ください

Y!mobile公式オンラインストア

「SoftBankからY!mobileは損だ」と思われている理由

情報サイトなどを調べていると、

「SoftBankからY!mobileへのMNPは損」

という論調がほとんどです。

なぜ、そのような理屈になるのかをまとめてみます。

理由1.キャンペーンや割引が適用されない

もっとも多かった理由は「SoftBankからY!mobileへの乗り換えの場合、割引が適用されない」というものです。

そのこと自体は事実です。

例えばSIMカードのみの契約の場合、他社からMNPなら「SIM単体契約特別割引」という強力な割引があるのですが、ソフトバンクからの場合には適用になりません。

具体的にはプランSの場合、月400円、2年総額で9,600円の割引を受けられないことになります。

プランS(3GB) docomo/auから SoftBankから
1年目月額 1,580円 1,980円
2年目月額 2,580円 2,980円
2年総額 49,920円 59,520円

理由2.他MVNOのほうが安くなる?

そして割引を受けられないからということで、「SoftBankからの場合は他MVNOを選んだほうがいい」と主張する情報サイトが非常に多く存在します。

大抵の場合はUQモバイルが、Y!mobileの代わりにオススメされています。

実際、どれほど金額が変わってくるのか、SoftBankからY!、UQにMNPした場合の月額と2年総額を計算してみます。

SIMカードのみの契約、データ容量は人気の3GBとします。

プランS(3GB) Y!mobile UQmobile
1年目月額 1,980円 1,980円
2年目月額 2,980円 2,980円
2年総額 59,520円 59,520円

金額面では同額になります。ですが、UQの場合オンライン申し込み限定でここからさらにキャッシュバックが受けられます。

ワイモバイルではなくUQにすべきと結論づける情報サイトのほとんどが、このキャッシュバックを最大の理由としています。

UQ mobile公式サイト】

トラキさん
トラキさん
やっぱりSoftBankからだと損するんだ。

UQのほうが安いんだったらそっち選ぶ人だって多くなるよね

コテツくん
コテツくん
たしかにそう考えるのが自然な気がしますよね。

でも、実はこの単純な月額料金以外にも考えないといけないポイントがいくつもあります。

メインスマホとして考えるなら、SoftBankからでもY!mobileを選ぶべきだとぼくは思ってます。

ここからはその理由を解説していきますね!

Y!mobile公式オンラインストア

SoftBankからY!を選んでいい理由/メリット

当サイトが考えるSoftBankからでもY!mobileを選ぶべき理由、メリットは下記の5点です。

  1. Y!だけが唯一、大手と同じ使い勝手
  2. 他格安SIM(MVNO)を選ぶ理由がない
  3. PayPayの超優遇を継続できる
  4. SoftBank光/Airとのセット割
  5. ヤフー・SoftBank経済圏を継続できる

ひとつずつ解説していきます。

1.Y!だけが唯一、大手と同じ使い勝手

今やスマホはライフラインの一つです。

メインで使うスマホは「普通に使える」ことこそが最重要です。

大手ユーザーが格安SIM(MVNO)に乗り換えた場合、当たり前だと思っていた機能が使えないことに後から気づいて後悔するケースが見受けられます。

昼夕の通信速度

最も重要なのが、他MVNOのほぼ全てが「昼夕の通信速度が遅くなる」という点です。

「確かにちょっと遅くなるけど、動画を見なければ大丈夫」
「割り切って使えばOK」

といった口コミをよく見かけますが、「ちょっと遅くなる」は大問題です。

思わぬトラブルで急ぎの調べ物や各方面に連絡を取らないといけなくなることは十分起こり得ます。

最近は災害も多くなってきています。

「ネットが遅い」を割り切るわけにはいかない場面が確実にあります。

一方で、Y!mobileはソフトバンクグループ直営のスマホブランドです。
SoftBankと同じ回線を自前の回線として使っているため、昼夕も大手並みの通信速度でネットを使うことができます。

「昼夕に遅くなる」現象とは無縁です。

留守番電話とキャリアメール、LINEのID検索

例えばUQとY!mobileでは、実は基本プランに含まれているスマホの機能に差があります。

具体的には留守番電話とキャリアメールが、Y!では無料、UQでは有料になります。

留守番電話機能は、未登録の番号から着信があった時などに、あると便利な機能です。

キャリアメールに関しても、例えばまだガラケーを使っている実家の両親と連絡を取るときなど、まだまだ現役で使っている方も多いはずです。

また、UQを含むほぼ全ての格安SIM(MVNO)ではLINEアプリの年齢認証ができないため、ID検索をすることができません。

このことが意外な落とし穴になって不便を感じるMVNOユーザーが少なくありません。

Y!mobile UQmobile
留守番電話 無料 月380円
キャリアメール 無料 月200円
LINEのID検索 不可
コテツくん
コテツくん
この3つと昼夕の通信速度を気にしないという場合に、他MNVOを検討してみてください。
トラキさん
トラキさん
おー確かに3つともちょこちょこ使ってる機能だわ。

うちの母親、留守電に大事なこと入れてくるし、連絡はまだキャリアメールが中心なんだよ

コテツくん
コテツくん
ぼくたちの親世代はそうですよね。

「今まで通り」であることが大事な場面もありますからね。

Y!mobile公式オンラインストア

2.他格安SIM(MVNO)を選ぶ理由がない

メインスマホとして使う場合において、「昼夕の通信速度が遅くなる」という一点は本当に重要です。

さきほども触れた通り「ちょっと遅い」ことは大きな問題につながる可能性があり、日頃の大きなストレスにもつながります

また、料金面でも同程度のプラン・オプションで比べるとY!mobileが最安になることが多くあります。

Y!とUQの料金比較

留守番電話、キャリアメールを含めた場合のY!とUQの料金を計算してみます。

SoftBankからの乗り換えでSIMカードのみの契約をして、今のスマホに差し替えて使う場合です。

プランS(3GB) Y!mobile UQmobile
1年目月額 1,980円 2,560円
2年目月額 2,980円 3,560円
2年総額 59,520円 73,440円

2つのオプション料金を加味すると、Y!mobileよりもUQの方が高くなってしまいます。

最大1万円のキャッシュバックを使ったとしても、Y!のほうが4,000円ほど安くすむ計算になります。

その他、UQとの比較は【ワイモバイル VS UQ!徹底比較】で詳しく解説しています。

人気の高いマイネオなどでも同じような状況になります。

マイネオとY!mobileの料金を比較

マイネオとY!mobileの2年総額を比べてみます。

メインのスマホとして使う場合として条件を揃えるため、マイネオには「mineo電話10分かけ放題」をつけておきます。

データ容量は3GB以外は同じ容量がないので、比較的近い容量で比較します。

mineo Y!mobile
3GB 58,800円 S(3GB) 59,520円
10GB 97,680円 M(9GB) 83,520円

3GBであればほぼ同じ、10GB(9GB)の場合ならワイモバイルの方が圧倒的に安くなります。

マイネオでかけ放題が不要の場合は、20,400円(850円×24カ月)を引いてください。
ただし通話するたびに料金がかかります。

そのほかマイネオとの比較は【ワイモバイル VS マイネオ!徹底比較】

コテツくん
コテツくん
マイネオは留守番電話が月290円です。

キャリアメールはもらえません。

昼休みと夕方はネットが遅くなりがちです。

マイネオ以外のMVNOも似たような状況です。

料金が安いことが最大のメリットなはずなのに、これじゃあわざわざ昼夕遅いのを割り切ってまでMVNOを選ぶ理由がないと思うんですよ。

トラキさん
トラキさん
確かにこんな金額みせられるとね・・・

そもそも他MVNOの方が数百円安かったとしても、昼夕のネットの速さと引き換えにはできないよね普通に考えたら。

Y!mobile公式オンラインストア

3.PayPayの超優遇が継続できる

PayPayのロゴ

当サイトが考える、SoftBankからの乗り換え先にY!を選ぶべき最大の理由が「PayPayでの超優遇が継続できること」です。

SoftBank/Y!mobileユーザーはPayPayで異次元の優遇を受けています。

PayPayを使っている方なら、その効果がいかに強力かご存知だと思います。

乗り換え先にY!mobileを選べば、その優遇を継続することができます。
他MVNOへ乗り換えてしまうと、この優遇がまったく受けられなくなります。

おそらく月数百円の節約とは比較にならないレベルの還元額を失うことになるはずです。

乱立している○○PAYですが、「Y!mobileとPayPay」のように大きな優遇を受けられるMVNOは他にありません。

10月からのキャッシュレス消費者還元事業

まだメディアは大きく取り上げていませんが今年の10月、消費税が引き上げられるときに「キャッシュレス消費者還元事業」という国の事業が実施されます。

キャッシュレスでの支払いの場合に5%の還元が受けられます。
期間は19年10月から20年6月までの9ヶ月もの長期間。

現金での支払いでは還元ゼロです。

さらに、この国の事業にあわせてキャッシュレス事業者が独自キャンペーンを上乗せして実施することがほぼ確実視されています。

例えば「PayPay払いなら25%還元、現金ならゼロ」ということが非常に高い確率で現実に起こります。

「キャッシュレス消費者還元事業」実施直前のこのタイミングでスマホをMNPするなら、PayPayを最大に活用できるY!mobileが圧倒的にベストです。

コテツくん
コテツくん
ぼく、PayPayを結構使ってるんですけど、去年の12月から6月までで12万円をPayPayで支払って、その還元額が2万円を超えてるんです。

日常の買い物に使ってるだけで、特別な買い物はしてないです。

それでも2万円ですよ

トラキさん
トラキさん
そんなに返ってきてるの!?

Y!mobileが2年間で59,920円って言ってたよね、PayPayで取り返せちゃうんじゃない?

コテツくん
コテツくん
それに「キャッシュレス消費者還元事業」が開始されたら、現金払いとの差が一層広がることになるわけですよ。

多分、驚くほどの金額を節約できると思うんですよ。

Y!mobileユーザーなら。

Y!mobile公式オンラインストア

4.SoftBank光/Airとのセット割

おうち割 光セット

大手キャリアでは当たり前の自宅インターネット回線との光セット割引ですが、実は光セット割引が使える格安SIM(MVNO)はほとんどありません。

Y!mobileならSoftBank光/Airなら「おうち割光セット」が適用されます。

SoftBankで光割引を適用している方なら、Y!mobileの乗り換えても問題なく光割引を使うことができます。

Y!mobile おうち割 光セットの割引額

おうち割 光セット

ワイモバイルの光割引、おうち割 光セットは割引額が契約プランによって変わります。

プランS プランM プランL
割引額 −500円 ー700円 ー1,000円
割引期間 契約期間中ずっと

光割引を適用したときの典型的なスマホ月額を計算してみます。

スマホ本体は今のまま、SIMカードだけの契約をした場合の典型的な月額です。

光割引適用時の典型的なスマホ月額

スマホプラン S M L
1年目月額 1,580円 2,380円 4,380円
2年目月額 2,580円 3,380円 5,380円
2年間総額 49,920円 69,120円 117,120円
データ容量 3GB 9GB 21GB
音声通話 1回10分以内の国内通話が0円 回数無制限
  • ワンキュッパ割(1年目のみ、毎月1,000円割引)
  • データ増量無料キャンペーン(2年間データ容量を増量)

SoftBankからの乗り換えでスマホ本体は今のまま、SIMカードだけの契約をした場合の典型的な月額です。

他MVNOよりもはるかに安くなるはずです。

くわしくは【Y!の光割引はソフトバンク光でおうち割光セット】をご覧ください

コテツくん
コテツくん
この金額なら他のMVNOを選ぶ理由なんて全くないですよね

今、SoftBankで光割引を使ってる人なら迷わずY!mobileでいいんです。

トラキさん
トラキさん
なるほど、光回線まで切り替えるのは面倒だしね

5.ヤフー・ソフトバンク経済圏を継続できる

SoftBankユーザーはYahoo!ショッピングで驚くほどポイントが貯まったり、Yahoo!プレミアムなどのYahoo!JAPAN関連のサービスを格安で利用できたりします。

「ヤフー・ソフトバンク経済圏」などと言われたりしますが、Y!mobileも同様にポイントが貯まったりとお得に利用することが可能です。

なお、もらえるポイントに関してはPayPayへの切り替えが進んでいます。

コテツくん
コテツくん
ヤフーショッピング、いいんですよ

ポイントがザクザク貯まる感じは爽快ですよ(笑)

トラキさん
トラキさん
品揃えだってアマゾンや楽天と大して変わらないもんね。

Y!mobile公式オンラインストア

まとめ SoftBankからの乗り換え先はむしろY!mobileがベスト

ソフトバンクからワイモバイルアイキャッチ画像

あらためてSoftBankからの乗り換え先にはY!mobileを選ぶべき理由を確認します。

  1. Y!だけが唯一、大手と同じ使い勝手
  2. 他格安SIM(MVNO)を選ぶ理由がない
  3. PayPayの超優遇を継続できる
  4. SoftBank光/Airとのセット割
  5. ヤフー・SoftBank経済圏を継続できる

当サイトではY!mobileへの具体的な乗り換え方法や、初期設定の仕方までしっかり解説しています。

当サイトでご案内しているもの以上にお得な公式キャッシュバックやキャンペーンは存在しないので安心してください。

少しだけその気になってY!mobileに乗り換えれば、大手キャリアでの余計な出費を終わりにできます。

当サイトはスマホ代を安くしたいあなたのお役に立てるように頑張ります!

Y!mobile公式オンラインストア

10月のキャンペーン情報
【10月】ワイモバイルのキャンペーンキャッシュバック最新情報!【コテツの解説】【コテツの解説10月15日更新】Y!mobileのキャンペーン・キャッシュバック最新情報です。10月分からのキャンペーンを随時更新中です!...
PayPayキャンペーンアイキャッチ画像
【10月最新】PayPayキャンペーン!最新情報【キャッシュレス・ポイント還元事業】【コテツの解説10月6日更新】キャッシュレス・ポイント還元事業がついにスタート!PayPay独自の上乗せキャンペーンも開始!わかりやすく解説します...
メリットデメリット完全版アイキャッチ
Y!mobileワイモバイルのメリット・デメリット完全版【コテツの解説19年10月】ワイモバイルのメリット・デメリットを完全網羅。要点をわかりやすく解説しています。この記事を読めばMNPを決められます。...
Y!mobileのiPhone6s
ワイモバイルのiPhone 6s!月額や2年総額を計算【19年でも超人気】【コテツの解説19年10月】ワイモバイルのiPhone6sが大売れしています!新プランでの月額や2年総額を計算、UQとの比較も。分かりやすく解説します!...