Y!にMNP

失敗しない!ソフトバンクのスマホSIMロック解除の手順【SoftBank】

SoftBankのSIMロック解除アイキャッチ
レオノさん
レオノさん
同じソフトバンク系列だし、SoftBankで買ったスマホはSIMロック解除無しでワイモバイル使えるよね?
コテツくん
コテツくん
それ、よくある誤解です!SoftBankのスマホでもSIMロック解除は必須なんですよー

ワイモバイルはソフトバンク直営の格安スマホキャリア。

月額料金は大きく下がるのに、ネットワークの品質はSoftBankそのまま、昼夕も通信回線の速度が下がることのない使い勝手の良さは他格安SIM(MVNO)とは別格のものです。

ワイモバイルはSIMカードだけでの契約が可能なため、大手キャリアからMNPする場合も手持ちのスマホをそのまま使うことができます。

ですが、ソフトバンクで買ったスマホ端末でもワイモバイルで使うにはSIMロック解除が必須です。

同じソフトバンク系列ではありますが、よく誤解されがちな点です。

と言っても、手続き自体はとても簡単ですしデメリットは何もありません。

それどころかSIMロック解除はちゃんとしておかないと後々困る可能性も。

この記事ではソフトバンクのSIMロック解除の手順を解説します。

SIMロック解除はスマホを他社で使うために必要

コテツくん
コテツくん
解説に入る前に念のため「SIMロック」について確認しておきますね

スマホには「SIMカード」というICカードがセットされています。

SIMカードとは英語で「Subscriber Identity Module Card」。

「加入者の情報を記録したICカード」ということになります。

SIMカードには契約者ごとに個別のID番号が記録されていて、スマホ本体にセットされることで、そのスマホをあなた固有のものとして使うことができるわけです。

そして、日本の大手キャリアが販売するスマホはそのキャリアのSIMカードしか使えないようにするロックがかかっています。

これが「SIMロック」です。

大手キャリアがユーザーを自社に縛り付ける要因になっていましたが、総務省がガイドラインを発表し、2015年5月1日以降に発売のスマホはSIMロック解除ができるようになりました。

このSIMロックを解除することで手持ちのスマホが、購入元のキャリアの縛りを解かれてどのキャリアででも自由に使えるようになるわけです。

ソフトバンクのスマホのSIMロック解除の条件

2015年5月1日以降にソフトバンクで購入したスマホは全てSIMロック解除が可能です。

SIMロック解除の受付条件
  1. ネットワーク利用制限がかかっていないこと
  2. 契約者本人の購入履歴がある機種であること
  3. 購入日から101日目以降であること(一括支払い済みの場合は100日以内でもOK)
  4. 既を解約済の場合は、解約日から90日以内であること
コテツくん
コテツくん
普通にソフトバンクで買ったスマホなら全然心配いらないですよ

iPhoneの場合 6S以降ならSIMロック解除可能

2015年5月1日以降にソフトバンクで販売されたiPhoneは以下の通りです。

  • iPhone XS / XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 / 8Plus
  • iPhone 7 / 7Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s / 6sPlus

iPhone6s以降のモデルであれば問題なくSIMロック解除が可能です!

iPhone6 以前のモデルはSIMロック解除ができないため、ワイモバイルに持ち込んで使うことはできません。

Androidの場合

Andoroidの場合も2015年5月以降のモデルならSIMロック解除が可能です。

手持ちのスマホが対象になるか、下記のリンクから確認してください。

SoftBank公式サイトへ

2015年4月までに発売されたスマホの場合

2015年4月までに発売されたスマホの場合でも、SIMロック解除できるものがあります。

SIMロック解除が可能な機種
BLADE Q+、301F、201HW、009Z、008Z

 

ただし、ソフトバンクショップの店頭でしか手続きができないので注意してください。

SoftBankのスマホ SIMロック解除の手続き手順

それでは具体的なSIMロック解除の手続きの解説に入ります。

SoftBankのスマホをSIMロック解除する方法は2つです。

  1. My SoftBankでオンライン手続き
  2. ソフトバンクショップで店頭手続き

当サイトでのおすすめは

  1. My SoftBankでオンライン手続き

です。

店頭手続きだと事務手数料が3,000円かかりますが、オンライン手続きなら無料です。

なお、iPhoneの場合はSoftBankの公式サイトに

ご自身でする場合の手続き(iPhone/iPad)

お手続きの前に
お客さまがご利用予定のソフトバンク以外のSIMカードが必要です。

ソフトバンクのSIMカードしかお持ちでない場合はMy SoftBankでは解除できないためソフトバンクショップでお手続きをお願いいたします。

という記載があります。

「ソフトバンクのSIMカードしかない場合は店頭での手続きを」と案内していますが、実際にはソフトバンクショップに行く必要は無く、オンラインで手続きを進めて大丈夫です。

事実として、iPhoneのSIMロック解除には他社のSIMカードが必要になりますが、

  1. My SoftBankでSIMロック解除の手続き
  2. ソフトバンクにMNP予約番号の申し込み
  3. ワイモバイルからに申し込み、SIMカード受取
  4. 自宅でSIMカードの入れ替え

の手順で問題なくSIMロックを解除することが出来ます。

もし、ワイモバイルに乗り換えるのをやめてSoftBankのまま残ることにしたとしても、気が向いたときにiPhoneを初期化することでSIMロック解除を完了することが可能です。

オンライン手続きまで、今すぐに進めておいても何も支障はありません。

レオノさん
レオノさん
そんなに先に終わらせておいた方がいいの?
コテツくん
コテツくん
ワイモバイルに申し込んだ後でも大丈夫ではあるんですけど、できるだけスムーズに乗り換えを進めるためには、早めにすませたほうが楽ってところですかね。なんなら今すぐできることですし。
レオノさん
レオノさん
「やれる仕事は先に済ませておく」ってことか。ぼく自身が職場でいつも言ってることだね

それではSIMロック解除の2種類の方法を詳しくを解説します。

1 My SoftBankでのオンライン手続き

スマホの製造番号(IMEI)を確認する

始めに今使っているスマホの製造番号(IMEI)を確認しておきます。

iPhoneの場合

【設定】>【一般】>【情報】

少し下にスクロールすると【IMEI】という項目が見つかります

androidの場合

2通りの方法があります。

  1. 電話アプリで「*#06#」を入力して発信すると表示される
  2. 【設定】>【端末情報 】>【 機器の状態】>【IMEI番号】

どちらの方法でも同じ番号が表示されます。

手元で確認できるようにメモしておいてください。

My SoftBankにログイン→SIMロック解除

SIMロック解除の手続きを「My SoftBank」から行います。

画像はPC用ですがスマホからでも手続きは可能です。

ソフトバンクのSIMロック解除説明

【My SoftBank】>【契約・オプション管理】を選択します。

 

ソフトバンクのSIMロック解除説明

続いて、「関連メニュー」から「SIMロック解除手続き」を選択してください。

 

ソフトバンクのSIMロック解除説明

先ほど確認した15桁のIMEIを入力します。

 

ソフトバンクSIMロック解除画面

「手続き確認」の画面に移るので、青地の「解除手続きをする」を選択します。

 

ソフトバンクSIMロック解除画面

以上で手続き受付は完了です。

画面はiPhoneの場合ですが、「SIMロック解除方法をみる」を選択するとAppleのサイトに移ります。

Andoroidの場合は、この画面に「SIMロック解除コード」が表示されます。

SIMロック解除を完了するのに必ず必要になるので、メモにとるかスクリーンショットを取って保存しておいてください。

 

ここからiPhoneの場合とアンドロイドの場合で少しだけ作業が変わります。

iPhoneの場合

最後の作業は2通りの方法があります。

  1. ワイモバイルから届くSIMカードをiPhoneにセットして電源を入れる
  2. iPhoneを一度初期化して、再度復元する

①の方法が手間が少なくて済みます。

詳しくは別の記事で解説します。

 

②の方法はすぐにSIMロック解除を完了させることができます。

ひと手間増えますが、できることを先にやっておきたい場合はこちらがいいです。

iPhoneのバックアップを取った後に、【設定】>【一般】>【リセット】>【すべてのコンテンツと設定を消去】を選択し、iPhoneを初期化します。

その後、バックアップから復元すればSIMカードを入れ替えることなく、SIMロックを解除することができます。

Androidの場合

My SoftBankの「お手続き完了」画面に表示されるSIMロック解除コードを使います。受付完了メールにも同じ解除コードが記載されています。

ワイモバイルのSIMカードが届いたあとに、SIMカードを差し替えて電源を入れます。

すると画面で、SIMロック解除コードの入力を求められるので、メモしておいた番号を入力します。

機種によって「SIMネットワークのロック解除PIN」などと表示されることがありますが、SIMロック解除コードを入力すればOKです。

これであなたのAndroidのSIMロック解除が完了です。

iPhoneの場合もAndoroidの場合も事前にオンラインの手続きまでを終わらせておいて、ワイモバイルのSIMカードが届いたあとにSIMロック解除を完了させるという考え方でOKです。

レオノさん
レオノさん
なるほど、これぐらいの作業で済むんならオンライン手続きでも心配ないね

2 ソフトバンクショップで店頭手続き

免許証やパスポートなどの本人確認書類を持って、ソフトバンクショップに行きます。

あとは、SIMロック解除したいとスタッフに伝えれば手続きを進めてくれます。

スタッフに丁寧な説明を受けることができ、おまかせですすめてもらえるのがメリットです。

ワイモバイルが併設されているショップなら、全てをワンストップで終わらせることもできます

 

デメリットとしては事務手数料が3,000円かかること。

また、待ち時間が長くなる場合もあります。

 

その場でワイモバイルの乗り換えまで終わらせようとすると、従来の大手キャリアとの契約と同様に、本来は必要のないオプションまでつけてしまったりすることがあるかもしれません。

コテツくん
コテツくん
お店が楽なのは間違いないですけど、オプションの要不要をその場で判断するのって意外とできなかったりすると思うんですよ。
レオノさん
レオノさん
長ーい説明にオプションの話までされるとついつい「ハイもうソレでいいです」って言いたくなるんだよね。
コテツくん
コテツくん
それがスマホ代が高くなる原因の一つですよね。

SIMロック解除はいつしてもいい

分割支払いの場合は契約後101日目以降、一括払いなら即日でSIMロック解除が可能です。

完了させるにはワイモバイルなど他社のSIMカードが必要になりますが、先にオンライン手続きまでは済ませておくことをおすすめします。

実際に他社との契約をすすめる直前でも問題ありませんが、1週間ほど前にオンライン手続きを済ませておくと、負担が軽くなっていいですよ。

SIMロック解除は必ずしておいた方がいい

ソフトバンクのネットワークを使っている一部の格安SIM(MVNO)に乗り換える場合ならSoftBankの端末がそのまま使えるのでSIMロック解除は不要です。

ただ、その場合でもSIMロック解除は必ずしておくほうが望ましいです。

SoftBank解約から90日以上経ってしまうとSIMロック解除が不可能になるからです。

もしも乗り換え先の格安SIM(MVNO)の使い勝手が悪く、再度MNPしたくなった場合に選択肢がかなり少ない状態になってしまいます。

また、将来、売却する場合にはSIMロック解除をしている方が買取価格が高くなります。

SIMロック解除した後でもソフトバンクで使い続けることも可能ですし、デメリットは何もありません。

コテツくん
コテツくん
とりあえずでいいんでSIMロック解除しておいた方がメリットが大きいんです。
レオノさん
レオノさん
うんうん。オンライン手続きだと本当に5分で済んだよ。助かったわコテツくん

SoftBankのMNP予約番号の取得はこちらの記事をどうぞ

SoftBankのMNP予約番号取得アイキャッチ
失敗しない!SoftBankからワイモバイルへの乗り換え MNP予約番号の取得方法【わかる解説】SoftBankからY!mobileにMNPするには、MNP予約番号の取得が必要です。取得の方法や具体的な手順や必要なものをわかりやすく解説!...