Y!の知識

ワイモバイルの料金プラン解説!1台分2台分の2年間総額、大手やMVNOとの比較も!

料金プラン記事のアイキャッチ画像

このページの内容は
9月以前の旧プランの情報です。

新プランの内容はこちら

【Y!mobile新プラン徹底解説!】

トラキさん
トラキさん
Y!mobileの料金プランってどうなってるの?公式サイトを見てもよく分からなくってさ
コテツくん
コテツくん
もちろんいいですよ!主力のスマホプランを中心に解説しますね

ワイモバイルの料金プランは他社よりもずっとシンプルです。

ただ、いろんな割引を組み合わせてどんどん安くできるので、そこにわかりにくさを感じる人もいるかもしれません。

ですが、「よく分からないし、もういいや」と棚上げにしてしまうと、結局今までどおり大手キャリアに高いスマホ代を払い続けることになってしまいます!

今のスマホのままで大手キャリアからY!mobileに乗り換えた場合、平均的なケースで2年間で15万円以上安くなります。

このページではワイモバイルの料金プランをできるだけわかりやすく解説します。
1人分の料金、家族2台分の料金、大手やMVNOとの2年間比較まで取り扱います!

コテツくん
コテツくん
当サイトでは2年総額計算などを一部単純化しています。

そのため実際の金額とは若干の差額が生じる場合があります。

金額は原則税抜きです

特別割引でSIMのみ契約はこちら

Y!mobileオンラインストア(Yahoo! JAPAN運営)

スマホプランは通話とデータがコミコミ

価格表(出典:Y!mobile)

Y!mobileの料金プランは本当はとてもシンプルです。
主力の料金プラン「スマホプランS/M/L」。

一回10分以内の国内無料通話かけ放題と、データ容量がコミコミのプランです。
テザリングと留守番電話も無料で付いてきます。

他に必須になるようなオプションはありません。

データの使用量によってS/M/Lを選ぶだけです。

ワイモバイルの基本的な料金

Y!mobileの基本的な料金は、当たり前ですがこのスマホプランの料金表そのままです。
S/M/Lの違いは月間データ容量だけ。ほとんどの人がSかMで十分です。

料金プラン プランS プランM プランL
1年目月額 1,980円 2,980円 4,980円
2年目月額 2,980円 3,980円 5,980円
データ容量 3GB 9GB 21GB
通話料金 1回10分以内の国内通話が0円 回数無制限
  • ワンキュッパ割(1年目のみ、毎月1,000円割引)
  • データ増量無料キャンペーン(2年間データ容量を増量)

上記の割引は申込と同時に自動的に適用されるものなので、素直に反映させています。
2年目から1,000円上がるのは、ワンキュッパ割が1年目だけで終了するからです。

これが「定価」だと思ってください。
ここから各種割引で安くなっていきます。

端末セット契約の場合は、この定価がそのまま典型的な通信料金になります。
この定価にセットで買った端末の料金が上乗せされます。

Y!mobileオンラインストアで仮の申し込み手続きをすすめてみれば、端末代込の月額明細を確認することが出来ます。

コテツくん
コテツくん
もちろんあくまで「仮」でいいですよ!明細が確認出来たら×でOKです。

ワンキュッパ割りが無くなる2年目以降の額は1,080円(税込)をプラスしてください。

他MVNOより高めに見えるかもしれませんが、実はそうではありません。

メインスマホとして使うなら、他MVNOよりY!mobileの方が安くなることがほとんどです。
(後ほど詳しく解説します)

CMでよく見る1,480円は各種割引の適用時

トラキさん
トラキさん
1,480円って数字をよく見かけるけど、それはまた別なの?
コテツくん
コテツくん
あれは家族割を使ったときの2台目以降の月額ですね。

CMで宣伝されている1,480円は、家族割引を使ったときの2台目以降の月額です。

夫婦2人で契約する場合は、2台目以降は1,480円、それどころかもっと安い月額も無理なく実現可能です。

1人だけで契約する場合は、家族割引ではなくまた別の割引を使うことで、1,980円より安い月額で利用することができます。

コテツくん
コテツくん
安くするポイントは、今のスマホ端末をそのまま使うSIMのみ契約でY!mobileに乗り換えることです

SIM契約なら毎月400円 or 600円割引

SIMだけ替えトク?のイメージ画像(出典:Y!mobile)

ワイモバイルでは今のスマホ端末をそのまま使う前提で、SIMカードだけの契約をすることが出来ます。

この場合「SIM単体契約特別割引」という強力な割引が利用できます。

プランS プランM プランL
割引額 400円×24回 600円×24回 600円×24回
合計額 9,600円 14,400円 14,400円

合計額からわかるとおり、非常に強力な割引になっています。

もともとY!mobileではMNPでの契約増を狙って2017年度末まで、大規模なキャッシュバックキャンペーンを行っていました。

それが形を変えたものがこの「SIM単体契約特別割引」です。

この割引を月額に反映させるとこうなります。

SIMのみ契約時の典型的な料金

スマホプラン S M L
1年目月額 1,580円 2,380円 4,380円
2年目月額 2,580円 3,380円 5,380円
2年間総額 49,920円 69,120円 117,120円
データ容量 3GB 9GB 21GB
音声通話 1回10分以内の国内通話が0円 回数無制限
  • ワンキュッパ割(1年目のみ、毎月1,000円割引)
  • データ増量無料キャンペーン(2年間データ容量を増量)
  • SIM単体契約特別割引(Sで400円、M/Lで600円を2年間割引)

これが、今のスマホそのままでSIMカードのみ契約をした場合のもっともよくある典型的な料金です。

トラキさん
トラキさん
こうなるとずいぶん安くなってくるね!プランSだと1,580円か
コテツくん
コテツくん
今のスマホをそのまま使うなら、本当にこの値段になるんですよ。
トラキさんのiPhone7ならまだまだ数年使えますよ

ワイモバイルと大手キャリアとの比較

大手キャリアとY!mobileの2年間総額を比較してみます。

大手キャリア契約者の月額スマホ代金の平均は8,451円です(MMD研究所2019.2)
Y!mobileは今のスマホをそのまま使うSIMのみ契約とします。

2年間合計で考えるとスゴイ差額が生まれます。

大手キャリア 平均 2年間合計 202,824円
Y!mobile プランS 2年間合計 49,920円
差額 ▲152,904円

実に15万円以上の大きな差額が発生します。

トラキさん
トラキさん
ええええ。ちょっとすごくない?こんなに違うの?
コテツくん
コテツくん
ちょっとすごいですよね?

MNP、本気モードになった方がいいと思いませんか?

トラキさん
トラキさん
でもY!mobileでこんなに安いんなら、他のMVNOならもっと安くなるんじゃないの?
コテツくん
コテツくん
そういうイメージありますよね。
でもY!mobileの方が安くなることが多いんですよ

ワイモバイルと他格安SIM(MVNO)との比較

他格安SIM(MVNO)の同等プランと比べてみます。
ここでは人気の高いmineoを選んでみました。

条件を揃えるためにデータ容量は3GB、10分かけ放題をつけます。

mineo:Dプラン 3GB 10分かけ放題

mineo 料金 備考
プランD 3GB 1,600円 データ+音声
10分かけ放題 850円 専用アプリ使用
合計月額 2,450円

メインのスマホということで、人気のかけ放題オプションをつけています。
10分かけ放題なしだと10円/30秒になります。

これで2年の合計額は

mineo 2年間合計 58,800円

この金額をワイモバイルと比較するとこうなります。

mineo  2年間合計 58,800円
Y!mobile プランS 2年間合計 49,920円
差額 ▲8,880円

同じ3GB、1回10分かけ放題で比べると、Y!mobileの方が8,880円も安くなります。

トラキさん
トラキさん
えええ同じ条件だとY!mobileの方が安いんだ。。。
コテツくん
コテツくん
結構大きな差がつきましたね

さらにmineoには料金以外にもデメリットが2点。

  • 電話をかけるときには専用の電話アプリを使わないといけない
  • 昼・夕方の混雑時にはネットの通信速度が遅くなる

mineoに限らず、ほとんどの格安SIM(MVNO)が同じデメリットを抱えています。

特に気になるのは昼夕の通信速度の遅さ。

コテツくん
コテツくん
ぼくもiPadを格安SIM(MVNO)で使ってたことがあるんですが、昼休みはやっぱり遅いんですよね。
ちょっとのストレスが毎日積み重なるんですよ

SNSやネット検索程度なら問題ないという口コミも見られますが、ネット銀行の振り込みや天気予報を見るのにもワンテンポ遅れるということも珍しくありません。

格安SIM(MVNO)はそういう面でみると、まだまだ割り切った使い方のできる人向けと言えるかもしれません。

一方のY!mobileはソフトバンクグループ直営ということで、昼夕も大手キャリア並みの通信速度を実現しています。

ワイモバイルのメリットデメリットはこちらの記事でまとめています

メリットデメリット完全版アイキャッチ
Y!mobileワイモバイルのメリット・デメリット完全版【コテツの解説19年10月】ワイモバイルのメリット・デメリットを完全網羅。要点をわかりやすく解説しています。この記事を読めばMNPを決められます。...

ワイモバイル2台分の料金

家族割引で2台目以降は500円割引

家族割引のイメージ画像(出典:Y!mobile)

続いて、Y!mobile2台分の料金を見ていきます。

ワイモバイルでは、大手キャリアにあるような家族間でデータをシェアする仕組みはありません。

ただし、2台目以降は家族割引で月々500円割引になります。

これは全プラン共通で契約年数に関係なくずっと適用されます。

プランS/M/L
割引額 -500円
コテツくん
コテツくん
安くなるのは2台目以降からです。1台目は割引されません

典型的なワイモバイル2台分の料金

今のスマホをそのまま使う前提でY!mobileにMNPした場合、典型的な「家族で2台のスマホを使う場合」の料金はこのようになります。

料金プラン 年数 2台合計
S+S
3GB/3GB
1年目 2,660円
2年目 4,460円
2年間総額 85,440円
M+S
6GB/3GB
1年目 3,460円
2年目 5,460円
2年間総額 107,040円
M+M
6GB/6GB
1年目 4,260円
2年目 6,260円
2年間総額 126,240円
  • スマホは今のモノをそのまま使う or 別に購入
  • ワンキュッパ割(1年目のみ 毎月1,000円割引)
  • データ増量無料キャンペーン(2年間データ容量を増量)
  • SIM単独契約特別割引(SoftBankからのMNPは対象外)
  • 家族割引(2台目以降 毎月500円割引)

上記は全て誰でもムリなく普通に使える割引です。今使っているスマホをこれだけ安い金額で使うことができます。

トラキさん
トラキさん
ナニコレ、2台でこの金額でいいの?
すごく安くなるよウチの通信費
コテツくん
コテツくん
もう、大手キャリアはセレブ向きといってもいいかもしれませんね。

光割引もかなりオトク

おうちの光回線をSoftBankAirかSoftBank光にすると、光割引が受けられます。

おうち割 光セット プランS プランM プランL
割引額 -500円 -700円 -1,000円

家族割引との併用はできませんが、これだけの金額がずっと割引になります。

コテツくん
コテツくん
光割引までつけられたら言うことないんですけどねー

ただ、光回線まで変えるのを面倒に感じるならまずはスマホの乗り換えだけ先にすませるのがいいと思いますよ!

トラキさん
トラキさん
そうだねー。光回線まで変えるとなると、ちょっと考えることが多くなるなって印象だ
コテツくん
コテツくん
ちなみに、もし今がドコモ光やau光だったとして、Y!mobileに変えても光料金は高くなったりしないですよ

今がドコモ光やau光の場合でも光回線料金は高くはならない

自宅の光回線がドコモ光やau光の場合、Y!mobileに切り替えたとしても問題なくそのまま使えます。

そして、スマホとのセット割がなくなっても光回線料金は変わりません。

ドコモ光やau光、Softbank光のセット割引は、光回線料金からではなくスマホ料金から引かれているからです。
光回線料金はスマホセットであっても、そうでなくても一定です。

なので、スマホをY!mobileに切り替えたからといって光回線料金が高くなることはないんです。

今、光セット割引を受けているのにスマホ料金が高いと感じるあなたは、しっかり光割引されている月額に対して「高いなー」と感じているわけです。

コテツくん
コテツくん
光も変えるのに越したことはないんですけど、
でも、めんどくさくなってスマホまで先延ばしにする方が怖くないですか?
トラキさん
トラキさん
確かにやる気があるときに切り替えないと、また延び延びにしちゃう気がするわ
コテツくん
コテツくん
実際問題、またMNPするかもしれないと思うと、光回線はそのままでもいいかもです。

今はまずはスマホに集中しましょう

特別割引でSIMのみ契約はこちら

Y!mobileオンラインストア(Yahoo! JAPAN運営)

ケータイ専用プランはガラケー向け

ここまで解説したスマホプランは、スマホ向けのスマホプランです。

Y!mobileではガラケー向けの料金プランも用意されています。

ケータイプランSS 通話のみの方向け

1時~21時の間、Y!mobileやSoftBankへの通話料が0円になります。
21時~翌1時までは20円/30秒。
他社への通話料も20円/30秒です。

データ通信は基本的についていませんが、ベーシックパック 300円/月に加入すればパケット定額サービスが使えるようになります。

ただ、0.1GBで上限額4,500円となってしまうのであまりよい選択肢ではありません。

まとめ Y!mobileの料金プランはシンプル!

料金プラン記事のアイキャッチ画像

以上、Y!mobileの料金プランの解説でした。

Y!mobileに乗り換えれば、ほんの少しの手間と引き換えに大手キャリアと変わらない使い勝手のままで、月額を大幅に下げることができます。

Y!mobileは「大手キャリアへの不満」と「格安SIM(MVNO)への不安」を解消する、今もっともベストな選択肢です。

また、総務省の「スマホ代は4割は下がる」との発言に対し、ソフトバンクグループの孫正義会長はY!mobileをさらに値下げすることを明言しました。

18年9月にデータ容量を増量して実質的な大幅値下げをした際には、既存ユーザーに対しても新規契約者と同じようにデータ増量をした実績があります。

迷う時間を短くして早く行動した方が、良い結果に結びつきます。

当サイトはスマホ代を安くしたいあなたのお役に立てるように頑張ります!

特別割引でSIMのみ契約はこちら

メリットデメリット完全版アイキャッチ
Y!mobileワイモバイルのメリット・デメリット完全版【コテツの解説19年10月】ワイモバイルのメリット・デメリットを完全網羅。要点をわかりやすく解説しています。この記事を読めばMNPを決められます。...
オンライン申込の手順
ワイモバイル MNPオンライン契約の申込手順【わかる解説19年10月】Y!mobileのオンラインストアでの申し込み手順を画像多めでしく解説。公式ではわかりにくいところも補足しながらわかりやすく解説します。...