Y!にMNP

失敗しない!ドコモのMNP予約番号の取得方法【docomo】

ドコモのMNP予約番号取得手続きアイキャッチ画像
レオノさん
レオノさん
ドコモから乗り換えるにはMNP予約番号が必要なんだよね?

ずっとスマホで迷ってるの疲れたよ。もう終わらせたいな

コテツくん
コテツくん
ええ、必ず必要になります。

引き止めには負けちゃだめですよ?今まで考えた時間が無駄になっちゃいますからね

ドコモで使っていた携帯電話番号をそのままワイモバイルで使うためには、MNP予約番号の取得が必要になります。

手続き自体は10分もかからないものですが、docomoはあの手この手であなたを引き留めようとしてきます。

 

ポイントは、決めたことを曲げない強い意志と、サッと終わらせるスピード感。

ここで迷ってしまうとまた「携帯料金高いなー安くならないかなーどうしよっかなー」と悩み続けることになってしまいます。

 

このページではdocomoのMNP予約番号の取得方法の解説と、

あわせて、いわゆる「引き止め」の内容もお伝えしておきます。

コテツくん
コテツくん
先に引き止めの内容を理解しておけば、心がブレることを防げるはずです

SIMロック解除がまだの方は先にこちらの記事を読んでください。

ドコモSIMロック解除アイキャッチ画像
失敗しない!ドコモのスマホSIMロック解除の手順【docomo】【わかる解説】ドコモのSIMロック解除方法を解説します。事務手数料がかからないオンライン手続きがおすすめです...

MNP予約番号を取得する前に

MNP予約番号を取得する前に、docomoを解約するにあたって損をしないためにやっておくと良いことがいくつかあります。

気になる方は行っておいてください。

dポイントを使い切る

貯まっているdポイントを使い切っておきましょう。

携帯料金支払いに回したり、ショッピングでいつもなら買わないちょっと嬉しくなるようなモノを買ったりするのもいいですね。

実際にはdocomoを転出してもdポイントは消滅しません。

ただし、ポイントは当然貯まりにくくなりますし、有効期限(約4年)もあるのでこの機会に使い切っておくのがおススメです。

dアカウントIDをGmailなどに変更しておく

dアカウントはdocomoを解約しても消滅しません。

解約後も今まで通りログインできます。

ただし、IDをdocomoのキャリアメールにしている場合は、ログインできなくなる可能性があるのでであらかじめGmailやicloudメールなどに変更しておきましょう。

docomo.ne.jpのメールの保存

解約するとdocomoのキャリアメール「docomo.ne.jp」のメールは使えなくなります。

また、過去の送信/受信メールも見ることが出来なくなります。

docomoのメールはスマホ本体ではなく、docomoのクラウド上に保存されているからです。

どうしても無くしたくない大切なメールがある場合には、あらかじめGmailなどに転送したり移動させておきましょう。

LINEやgmailへのメールの切り替え

ワイモバイルではユーザー向けにキャリアメールを用意しています。

ドコモメールの代わりにこのキャリアメールを利用するのも手ですが、この際GmailやLINEに移行してしまうのも一つです。

ワイモバイルからさらにMNPすることになったとしても、GmailやLINEならば移行は簡単です。

レオノさん
レオノさん
40代や50代の人でも普通にLINE使ってるもんね
コテツくん
コテツくん
正直、もうキャリアメールを使ってる人って相当少なくなってますからねぇ。

ドコモのスマホ MNP予約番号取得の方法

それでは具体的なMNP予約番号の取得の解説に入ります。

docomoのMNP予約番号を取得する方法は3つ。

  1. My docomoでオンライン手続き
  2. ドコモショップで店頭手続き
  3. 電話で手続き

当サイトでのおすすめは

  1. My docomoでオンライン手続き

です。

待ち時間が無く、自宅で手続きができることがその理由です。

どの方法であってもMNP転出手数料2,000円は一律でかかります。

 

コテツくん
コテツくん
どの方法にせよ、ブレない意志とスピード感はあった方がいいです。
レオノさん
レオノさん
仕事や勉強と一緒だね

1 My docomoでオンライン手続き

それではMy docomo からのオンラインでのNP予約番号取得の手続きを解説します。

MNP予約番号の発行に限って受付時間が9時~21時30分に限定されています

コテツくん
コテツくん
24時間できるわけじゃないんです
Mydocomoの画面

My docomoのトップ画面から少し下にスクロールすると【その他のお手続きはこちら】のボタンが表示されるので、クリックします。

Mydocomoの画面

続いて、【携帯電話番号ポータビリティ予約】をクリック。

ブラウザなどによって画面が異なることがあります。

 

以降、あなたを引き留めるためにdocomoがいろいろなメリットをPRしてきますがどんどん進めていきます。

 

知らないお得情報などがあっても惑わされないでください。

コテツくん
コテツくん
ここでレオノさんを一瞬でも迷わせるのがドコモの狙いです。

検討してからにしようと思わせて、決断を先延ばしさせる作戦です!

気持ちを仕事や勉強モードに切り替えて、余計な情報は排除しましょう。

Mydocomoの画面

ここまで来たら【解約お手続き】をクリックしてください。

以降、dポイントが失効することや、解約金、転出事務手数料、端末の残り代金などが表示されます。

手続きのタイミングによっては、端末の残り代金がけっこうな金額で表示されるかもしれません。

けれど、それはdocomoのままでいても結局支払わなければならない代金です。

まとめて支払いを終わらせればすっきりとワイモバイルに乗り換えできます。

 

月々サポートが残っているかもしれませんが、それも気にする必要はありません。

その月々サポートは毎月の通信料金から割り引かれています。

その割引後の金額こそがあなたが「高いなー」と思っている金額だからです。

 

ここで迷わせることがdocomoの狙いです。

気にせずどんどん進めていきます。

Mydocomoの画面

ここまでくれば、後は画面の指示に従って進めていけばOKです。

【手続きを完了する】と、【受付日時】【受付番号】【MNP予約番号】【MNP予約番号の有効期限】が表示されます。

メールでも同様の内容が送られてくるはずです。

【MNP予約番号】をワイモバイルの申し込み時に使うので、メモを取っておきましょう。

以下の場合はオンラインでの手続きができません

  • 一括請求/一括送付サービスの代表番号
  • 3回線以上でファミリー割引をご契約の代表回線

電話か店頭での手続きを行う必要があります。

 

レオノさん
レオノさん
どんどん突き進むのが大事だね。情報が増えすぎると結果にたどりつかなくなるもんな
コテツくん
コテツくん
仕事と一緒ですね。とにかくアウトプットを出すのが先決です。レオノさんが普段ぼくに教えてくれているとおりですね

2 ドコモショップで店頭手続き

ドコモショップで手続きする場合は、免許証やパスポートなどの本人確認書類を持って、ドコモショップに行けばOKです。

あとは、MNP予約番号が欲しいととスタッフに伝えれば手続きを進めてくれます。

MNP転出事務手数料は2,000円で他の方法と変わりません。

docomoに引き留めるためのセールストーク、ドコモショップでの長時間の待ち時間

などがデメリットとなります。

3 電話で手続き

局番無しの「151」(無料)から手続きができます。

MNP転出事務手数料は2,000円で他の方法と変わりません。

受付時間は9:00~20:00

なかなか電話がつながらないこともあります。

コテツくん
コテツくん
どの方法であっても、引き留めに負けないようにするのが大事ですね!

MNP予約番号取得の注意点・豆知識

引き留めポイントの正体は機種変更専用のポイント

レオノさん
レオノさん
引き止めの時にポイントあげるよみたいこと言われたけど、あれはなんだったの?
コテツくん
コテツくん
レオノさんが迷わなくてよかったです!あれは、機種変更の時にしか使えないポイントなんです。

MNPの手続きを進める際中に、docomoから「あなただけにポイントをあげるからdocomo続けたら?」といったメッセージがたくさん届きます。

ポイントは10,000~20,000Pと高額で、すごいお得なように感じますが、実態はそうではありません。

引き留めポイントは機種変更のときにしか使えないポイントであることがほとんどなんです。

重要なのは2年間の合計で考えること。

MNP切り替えのタイミングだけで見ると、分割していた機種代金をまとめて払う必要があったり、事務手数料がかかったりしますが、

ドコモでそのまま行く場合と、ワイモバイルに切り替えた場合とでは大きな差が生まれます。

大手キャリア契約者の月額スマホ代金の平均は8,451円です(MMD研究所2019.2)

ワイモバイルなら、プランSは1,980円、プランMなら2,980円です。

各種割引等を考慮して、2年合計額を出すとこうなります。

2年間合計 差額
大手キャリア 202,824円 0
ワイモバイルプランS 49,920円 ―152,904円
ワイモバイルプランM 69,120円 ―133,704円

ものすごい差額が生まれることが分かります。

もしも引き止めポイントに心が揺らいでdocomoで機種変更してしまったとしたら、浮くはずだった差額を損するばかりか、さらに新しい端末の機種代金が乗ってきます。

例えば「ドコモのままでiPhoneXSに機種変更」の代金と、「今のままの端末でY!mobile」の金額を比べると2年間で200,000円前後の差がでます。

コテツくん
コテツくん
200,000円あれば家族で沖縄旅行に行けちゃいますよ
レオノさん
レオノさん
他の欲しいモノもたいてい買えちゃう金額だよね。そもそも今のiPhoneで不便してないしなぁ

ワイモバイルへの申し込みはすぐに!

MNP予約番号取得後はすぐにワイモバイルでの契約手続きを行ってください。

ドコモのMNP予約番号の有効期限は15日となっていますが、ワイモバイルは手続き上MNP予約番号の取得後2日以内に契約手続きをする必要があります。

レオノさん
レオノさん
MNP番号をもらったら即、ワイモバイルに申し込むのが良さそうだね
コテツくん
コテツくん
即行動が大事!レオ課長がいつも仕事で教えてくれている通りですね!

MNP転出事務手数料、新規事務手数料、途中解約金は必要経費。それでも十分取り返せる

ドコモやワイモバイルに限らず、MNPするときには必要となる費用があります。

MNP転出事務手数料(ドコモへ) 2,000円
新規事務手数料(MNP転入先へ) 3,000円
合計 5,000円

これはどの大手キャリアでも、どの格安SIM(MVNO)でもかかるお金。

なので、必要経費と考えた方が気が楽になります。

 

これに加え、更新月でなければ途中解約金9,500円かかることになります。

しかしこれもワイモバイルに乗り換えれば3カ月程度で吸収できる金額です。

更新月まであと数ヶ月なら、待った方がスッキリするかもしれませんね。

まとめ

ドコモのMNP予約番号の取り方
  • MNP予約番号を取得する前にdポイントを使い切る
  • dアカウントIDをgメールなどに変更しておく
  • docomo.ne.jpのメールを保存しておく
  • LINEやgmailへメールを切り替えてしまう
  • ドコモ MNP予約番号取得の方法
    1 My docomoでオンライン手続き
    2 ドコモショップで店頭手続き
    3 電話で手続き
  • 引き留めポイントの正体は機種変更専用のポイント
  • ワイモバイルへの申し込みはすぐに!
  • 諸費用は必要経費。それでも十分取り返せる

レオノさん
レオノさん
引き止めで迷いそうになったら、冷静に2年間の合計差額を思い出すべきだね。いつまでもMNPしようかどうか悩んでたら時間がもったいない
コテツくん
コテツくん
そうです!ワイモバイルに乗り換えて損をすることはないですからね。

一切見落としなくMNPしようと思うと結構疲れます。ここは完璧を目指さずにスピード感重視ですすめちゃう方がいいです!

こちらの記事ではワイモバイルへのMNPオンライン契約の手順を詳しく解説しています。

失敗しない!ワイモバイルへのMNPオンライン契約の手順

特別割引でSIMのみ契約はこちら

Y!mobileオンラインストア(Yahoo! JAPAN運営)